« 枯蟷螂 | トップページ | 自由な時間 »

2008年11月27日 (木)

虫の音

2008.11.24付 朝日歌壇より
邯鄲の音(ね)の絶えし宵電話よりこぼれる幼のまんまるい声:(東京都)狩集祥子

 もちろんお孫さんの「まんまるい声」ですよね。次の俳句でも示されるように、お孫さんがいればいたで、とてもにぎやか。邯鄲の声を聞く暇もなく、音量も声の方が大きいでしょう。
 邯鄲の声の不在に入ってきた、遠めの電話の声、だからこそ、そこに「まんまるい」という表現が生じたように感じました。

2008.11.24付 朝日俳壇より
子供らの帰つた後に虫時雨:(流山市)荒井久雄

 にぎやかで、ちょっと忙しかった「子供ら」の来訪。当然、これもお孫さん連れでしょう。そのにぎやかな「うれしい嵐」が通りすぎていった後の静寂に虫時雨が入り込んできて、音の存在が静寂を際だたせるわけです。
 今、虫時雨を聞いているのは、ご夫婦かな。役目としての「じいじ、ばあば」を終えて、夫婦に戻った時の静かな温かい時間です。

« 枯蟷螂 | トップページ | 自由な時間 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 枯蟷螂 | トップページ | 自由な時間 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ