« ヤツデの花に来ていた虫(1) | トップページ | カバキコマチグモ »

2008年11月25日 (火)

生後七月

2008.11.24付 朝日歌壇より
母親を噛む蹴るひっかく狼藉もいよよ嬉しき生後七月(ななつき):(奈良市)織田真記

 にこにこ笑ってしまいますね。お~、元気のいいこと。体操してるんですね。

 半年過ぎですか、歯が生えてくるのは。ガラスのような透明で小さな歯が生えてくるのは楽しいですねぇ。下あごの前歯2本が最初に生えてくるのがふつうでしょうか。
 赤ちゃんも、歯が生える時は、なんだかむずがゆいのでしょうか、いろいろかみつきますよね。

 でも、あの小さな歯でおもいっきりかまれると、血がにじみますね。

 いや~、日々変化していく赤ちゃんと「時を同じくする」ことができるのは最高のことだと思うんですが・・・。
最近は子育てのトラブルも多くて。何だかギスギスして辛いですね。

 楽しんでいいんですよ。生きることは楽しい。成長することは楽しい。一緒に楽しみましょう。

« ヤツデの花に来ていた虫(1) | トップページ | カバキコマチグモ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヤツデの花に来ていた虫(1) | トップページ | カバキコマチグモ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ