« 遠い日 | トップページ | おとな »

2008年11月18日 (火)

津軽弁

2008.11.17付 朝日歌壇より
一本釣りマグロ談義にかたづのむ竜飛の漁師のなまる濁声:(相模原市)松並善光

個人的な感想を一言だけ。地元の漁師さんが、標準語をまるっきり意識せずに、むき出しの津軽弁でしゃべったら、私にはもう、ほぼ100%理解不能です。

両親や親戚の秋田弁にはそれなりについていける私ですが、五能線の中で地元の人同士が交わす津軽弁の会話は、まるっきり分かりませんでした。

東京もんの私に「あんちゃ・・・」と呼びかる時は、津軽のばあちゃんも、少し津軽弁を緩めてくれますので、何とかついてはいけましたが。

« 遠い日 | トップページ | おとな »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 遠い日 | トップページ | おとな »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ