« ノーベル賞 | トップページ | 漂う権利 »

2008年11月 4日 (火)

案山子(かかし)

2008.11.3付 朝日歌壇より

猫車案山子を乗せてゆつくりと木犀匂ふ径をもどり来:(神戸市)内藤三男
 永田和宏 評:猫車は一輪車。用済みの案山子を乗せて、もう秋も終りに近い。

一枚の田んぼに案山子十五人衣装を凝らし傘さすも居る:(高槻市)山口佐智子

稲架ごとにもたれて雨に打たれ居る案山子に男女老若のあり:(千曲市)佐藤基夫

今回は、3つの歌が選ばれていました。

この時期、もうかかしさんも用が済んで、解体されて、土に還る頃。

私も、人生の秋が深まっていく感がひしひしと身に迫っております。だ~れか、私を猫車にのっけて、還るべきところへ運んでくれないかなぁ、楽でいいんだけどなぁ。

老男案山子は稲架ならぬ椅子の背に凭れて、「秋」の夕陽を眺めています。

老爺心:「稲架」は「はさ」と読むんでしょうね。

はさ【稲架】(新潟・富山・福井・岐阜などで) 稲掛。稲架(トウカ)。はざ。<季語:秋>[広辞苑第五版]

« ノーベル賞 | トップページ | 漂う権利 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ノーベル賞 | トップページ | 漂う権利 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ