« たたら | トップページ | 虫の音 »

2008年11月26日 (水)

枯蟷螂

2008.11.24付 朝日俳壇より
石垣に枯蟷螂の死にきれず:(桑名市)小林英昭

1120ookamakiri 我が家のオオカマキリの近況です。

二つ目の卵塊をつくりました。

脚は弱ってぶら下がって体を保持するのがやっと。首や翅に傷みがあります。
天気の良い日は11時ころ陽当たりにケースを出してやって体を温めてもらい、3時ころには家の中に帰ります。

1日に4匹くらいハエを食べます。脚は衰えたけれど、カマのスピードは十分にハエをとらえられます。上の写真は、この日2匹目のハエを食べているところです。

捕虫網を持って、ハエのパターンを目にギラつかせながら散歩しているかかしさんは、きっと不審だろうなあ、と思いつつ、日課です。

生きる力のある限り、生きぬいて貰おう、とこちらも必死で「生きて」いますよ。

限りある命は 無限の一部なのだと 生き抜く:崩彦

« たたら | トップページ | 虫の音 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« たたら | トップページ | 虫の音 »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ