« 数珠さんご | トップページ | 秋の七草 »

2008年11月18日 (火)

石たたき

2008.11.17付 朝日俳壇より
尾の先に生きる悦び石たたき:(刈谷市)山本泰弘

多分、セキレイだろうな、と見当はついたのですが、広辞苑を調べてみました。
   (たえず尾を上下に動かす習性から) セキレイの別称。<季語:秋>
だそうです。
ネットで検索したら「ニワタタキ」ともいうとありました。

ひょっこひょっこヒョッコヒョッコ、せわしなく尾を上下させるんですよね。あれを「生きる悦び」と表現なさったのはすごい結びつきですね。
楽しそう、リズムを取っている、という感じはしましたが。

この場合は、季語としての秋を意識して、「秋の日溜りのぬくもりのなか、生きることが楽しいな、とうたっているようだ」ととれますね。

« 数珠さんご | トップページ | 秋の七草 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 数珠さんご | トップページ | 秋の七草 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ