« 用終えし | トップページ | たたら »

2008年11月26日 (水)

うつくしきこと

2008.11.24付 朝日歌壇
摘出を薦めし医者はわからない我の裸身のうつくしきこと:(尼崎市)南はるか

多分、女性の皆さんは気分を害することでしょうが、あえて言います。
乳房が有るということが「うつくしさ」の源泉などではありません。
脚一本、使えなくたって、私は私、いっちょ前の「人間」です。(いや案山子か)
乳房が有ろうが無かろうが、懸命に生きる人はすべて美しい。それだけです。

大事なのは、病状の進行具合を克明に把握して、最適の選択をすることです。
それ以外になにがありましょうか。

« 用終えし | トップページ | たたら »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 用終えし | トップページ | たたら »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ