« 陽をふちどりに ヤマトシジミ | トップページ | チャドクガ »

2008年11月20日 (木)

千日紅

1113sennitikou去年はこの千日紅がいっぱい茂って、いっぱい咲いて、自然にドライフラワーになってしまうのではないか、と思わせるくらいに長く咲いたのです。

今年は、全然見かけなくなってしまったなぁ、と思っていたら、ルコウソウのかげで、ひっそり一株花を咲かせていました。
気づいてあげられなくてゴメンネ。

せんにち‐こう【千日紅】センニチソウの別称。[広辞苑第五版]
せんにち‐そう【千日草】(夏から降霜期にかけて花が永く保つからいう) ヒユ科の一年草。インドの原産。茎は直立、高さ30センチメートルで、粗毛を密生。葉は対生し、長楕円形。茎頂・枝端に、普通紅色、まれに白色の球状の頭花をつける。古くから観賞用に栽培。千日紅。<季語:夏>[広辞苑第五版]

小雪を 彩り燃える 千日紅:崩彦
(わざと、季語をずらしてぶつけました。単なる技巧のみです。駄句。)

« 陽をふちどりに ヤマトシジミ | トップページ | チャドクガ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 陽をふちどりに ヤマトシジミ | トップページ | チャドクガ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ