« 虫の音 | トップページ | イギリス海岸 »

2008年10月14日 (火)

亀の産卵

2008.10.13付 朝日俳壇より

亀の子を迎ふる汐のさして来る:(南相馬市)山崎秀夫
 長谷川櫂 評:砂浜で卵からかえった海亀の子を迎えるように潮が満ちてくる。大いなる自然のめぐりを詠む一句。

母亀は、大潮の夜に上陸して産卵すると聞いています。産んだ卵に海水がかかっては卵は孵化できません。大潮の日に上陸して少し海岸の奥に産卵すれば、海水が上がってきて卵を濡らすということがない、という智恵なのでしょう。

孵化した子亀は、まず一気に沖へと遠ざかって行き、危険の多い海岸を離れていきます。

孵化した亀の子を海に放流する催しがよくありますが、孵化後、短期間とはいえ飼育することになります。これは、亀にとってはあまりよいこととはいえませんので、自然に任せてやったほうがよいのではないでしょうか。

蛇足:よくマスコミで、産卵中の母亀が「産みの苦しみの涙を流す」というようなシーンを流します(最近はは減ったかな)。あれは、涙ではありません。体内の塩分を排出する「塩類腺」という排出器官がちょうど目のところにあって、涙のように見えるだけです。人間の感傷に引きつけて物事を見ないようにしたいものです。

鳥にも塩類腺があって、くちばしからぽたぽた落ちます。魚を食べるときに余分に摂取した塩分を捨てているのです。

« 虫の音 | トップページ | イギリス海岸 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亀の産卵:

« 虫の音 | トップページ | イギリス海岸 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ