« 鉦叩 | トップページ | 身体には重さがある »

2008年10月28日 (火)

蟷螂

2008.10.27付 朝日歌壇より

みづからの風葬望みゐるごとく蟷螂網戸を摑み離さず:(愛知県)林成一郎

別にカマキリに限ったことではないのです。ヒト以外の動物や植物や生物のすべてが、自らに生きる力のある限りを生きて、生きることには執着せず、生きる力の尽きるとき、形こそ失え、再び悠久の生命の流れに還ってゆくのです。

ヒトも、生きる力の続く限りにおいて生きればいい。生に執着するも苦、死に執着するのもまた苦です。限りが来た時には、淡々と生命の流れに還ればいい。

風葬もよし、鳥葬もよし、土葬もよし、正直のところ火葬が一番エネルギーを食ってつまんないですね。墓に閉じ込められたくなんかありません。風になるんじゃなくて、命の流れに還るんです。

私はよく命を「渦」にたとえます。渦というものは、エネルギーの供給を得てやっと存在しうるものです。流入し流出する流れによって存在しうるものです。渦は一つ一つ数えられる個体性を持ちながら、渦を産む流れの中にしか存在し得ません。

食べて排泄する、という行為は、物質・原子の流入と流出であり、エネルギーの流入と流出です。ひとりひとり、個体性を持ちますが、38億年の命の流れに中にしか存在し得ません。

私たちは、命という大河に生じた渦です。生まれ、消えます。

では、生きている間は、ちゃんと生きることにいたしましょう。

1025ookamakiri セイタカアワダチソウが咲き

アブやハチやチョウが蜜を吸います

オオカマキリはそれを捕えて命を保ちます

そしてまもなく秋の終りの頃、オオカマキリは土に還り、命の流れに還ります。

そのようにして、次の世代の植物や動物やすべての命につながっていきます

午後の陽射しが、その流れを祝福しています。

ヒトもお天道さまに祝福されて生きたいですね。

« 鉦叩 | トップページ | 身体には重さがある »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鉦叩 | トップページ | 身体には重さがある »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ