« ルコウソウ | トップページ | ツマグロヒョウモン・オス »

2008年10月 2日 (木)

白いヒガンバナ

1001whiganbana1_2  9月29日、環八を走っていて、白いヒガンバナを見かけました。

写真では見たことがありましたが、実物を観察したことはありませんでした。

その時は通り過ぎるしかなかったので、もう一回見に行きたいなと思っていました。

10月1日、台風15号が温帯低気圧になり、東京は午後から陽が射してきました。これはチャンスだな、とひひとっ走り。

純白ではなく、うっすらとクリーム色っぽい色でした。

1001whiganbana2 赤いヒガンバナと基本的な構造は全く同じです。

1001whiganbana3 上から見ても、5つの花が放射状になっていることも同じです。

間近で見ると、赤い花とはまた違う魅力ですね。

1001whiganbana4 ちょうどキバナコスモスも咲いていましたので、ちょっと重ねたショットを狙ってみました。邪魔だったかな?

ネットで調べたら、

赤い花のヒガンバナは「Lycoris radiata」ですね。「radiata」は多分「放射」ですね。(radiation とか radio とか・・・)。きっと花が放射状に並ぶところからの命名でしょう。

白い花のヒガンバナ(白花彼岸花、白花曼珠沙華)は「Lycoris albiflora」でした。

「alb」というのは「白」です。色素が合成できなくて体が白くなってしまうのが「アルビノ」、卵白は「albumen」、卵白のタンパク質は「アルブミン」・・・。

「flora」はもちろん「花」ですね。

「黄花のトラウビー種(L.traubi )と、赤花のラデイアタ種(L.radiata var.pumila)との自然交雑種」とか「ヒガンバナとショウキラン(リコリス・オーレア)の雑種」とかの記述がありましたが、どちらが正しいのかは分かりません。

なんにせよ、赤い色素を合成する酵素が活性を失っているのでしょう。

ヒガンバナには毒がありますが、その名は「リコリン」、Lycoris の毒で「リコリン」なのでしょう。

◆初めて見る白いヒガンバナにひとしきり興奮してしまいました。嬉しかった。

« ルコウソウ | トップページ | ツマグロヒョウモン・オス »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白いヒガンバナ:

« ルコウソウ | トップページ | ツマグロヒョウモン・オス »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ