« クロアゲハ | トップページ | ウスキツバメエダシャク(Part2) »

2008年10月22日 (水)

ウスキツバメエダシャク(Part1)

1011usukitubameedasyaku1 妻が見つけて連れてきました。

一目でシャクガだということは分かります。幼虫が尺取り虫だ、というやつですね。

後翅の先端部分が、左右ともに欠けています。翅の筋模様が手掛かりですね。

1011usukitubameedasyaku2 ツバメエダシャクなんですが・・・。フトツバメエダシャクというのも似ていて・・・。

顔が褐色ですね。この色で、ウスキツバメエダシャクだろうということにします。

きれいな純白です。

1011usukitubameedasyaku3 顔のアップ。

蛾というだけで嫌う人もいるのですが、よく見れば美しいでしょ。触覚の根本付近には色の変化もあるようですね。芸が細かい。

実は、チョウとガは学問的には区別しません。同じ「目」なのです。どうか毛嫌いせずに付き合ってやってください。

幼虫の食草は、「イヌガヤ科、ブナ科、ニレ科、マメ科、モチノキ科、クロウメモドキ科、ツバキ科、スイカズラ科」だそうです。

http://www.jpmoth.org/Geometridae/Ennominae/Ourapteryx_nivea.html によります。)

この中では、マメ科、モチノキ科、ツバキ科、が我が家にはありますから、充分幼虫の育つ環境はあるようです。

« クロアゲハ | トップページ | ウスキツバメエダシャク(Part2) »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウスキツバメエダシャク(Part1):

« クロアゲハ | トップページ | ウスキツバメエダシャク(Part2) »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ