« ブチヒゲカメムシ(2) | トップページ | ブルグマンシア »

2008年9月30日 (火)

ダツラ・メテル

0923daturametel ダツラ属メテルだと思います。

和名は「チョウセンアサガオ」ですが、「チョウセン」という言葉には悲しいことに差別的な響きが残ります。「朝鮮半島が原産」ということでない限り、私としては使いたくないので、ダツラ・メテルでいきたいと思います。(去年も同じことを書きました。)

 去年は六郷用水跡の遊歩道沿いで見かけたのですが、一度、切り倒され、また芽吹いたと思ったらまた切り倒されました。実がトゲトゲで危険だということなのか(痛いことを知れば対処できるはずなのに)、毒草だということなのか(有毒植物なんて身近にいくらでもあるのに)、理由はよくわかりませんが、そうなってしまったのでした。

今年、遊歩道沿いの個人宅のお庭で咲いていたので写真を撮ってきました。上の写真を撮ったのはもう午後で、きれいに咲いた花はなかったので、翌日、朝のうちにもう一回行ってきました。↓

0924daturametel1

ダツラ・メテルでは花は上向きに咲きます。

アサガオが属するヒルガオ科ではなくて、ナス科です。

0924daturametel2 花の中を覗かせてもらいました。

下に垂れているのがメシベですね。

オシベは5本のようです。

受粉して実がなるとこうなります。

0924daturametel3 これは確かに痛いです。でも、栗のイガイガといい勝負。

痛いから危険ということはありません、扱い方を習得すればいいのです。何回か痛い目にあって、扱い方を身につければ大丈夫。

◆去年の記事も合わせてお読みいただければ幸いです。

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_2dbf.html
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_2dbf.html

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_e3c3.html
ここには、ダツラ・メテルの有毒成分「アトロピン」の話、散瞳の話(私の顔が見られます)、華岡青洲の麻酔薬の話、などを載せてあります。どうぞ。

« ブチヒゲカメムシ(2) | トップページ | ブルグマンシア »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダツラ・メテル:

« ブチヒゲカメムシ(2) | トップページ | ブルグマンシア »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ