« モノサシトンボ | トップページ | アブラゼミの抜けがらについて »

2008年8月 5日 (火)

アブラゼミ

0805aburazemi1 こういうことは続くらしくって・・・。

私は早寝早起きのたちですのでもう白河夜船だったのですが、妻によると、8月4日の夜、雨が激しく振っていた時に、ドアを開けたら羽化中のセミが抜けがらともども落っこちてきたのだそうです。

翅も固まっていなくて、8月1日の夜にアブラゼミを羽化させた木の枝に、あわててくっつけてやったのだそうです。

8月5日朝、見ると、左の翅が少し伸び切れなかったようです、しわがある。右の翅も少し反っているようにも見えます。そっとつかんで庭へ放してやったら、無事なんとか飛ぶことができて、去っていきました。よかった~。飛べなかった場合、セミは飼育できませんから死ぬまでを見届けるしかないのですが、そんなことにならずにホッとしています。短い成虫の期間を精一杯生き抜いてください。

0805aburazemi2

これが、その抜けがら。

何があったのでしょうか?羽化を支え切れずに落ちてしまったのでしょうか?

« モノサシトンボ | トップページ | アブラゼミの抜けがらについて »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アブラゼミ:

« モノサシトンボ | トップページ | アブラゼミの抜けがらについて »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ