« 紅白のサルスベリ | トップページ | ドバト »

2008年8月19日 (火)

ネコハエトリ

0811nekohaetori ネコハエトリの「フサフサ」が気に入って写真を撮ったら、向こうにアリが写っていました。別にネコハエトリがアリを狙っているわけではありません。

「猫」という名前をもらっているものですから、なんとなく親近感を感じてしまうのでした。

ふさふさ、でしょ。なでてあげることはできないけれど。

« 紅白のサルスベリ | トップページ | ドバト »

動物」カテゴリの記事

コメント

ハエトリクモの仲間は皆動きが俊敏ですよね。ネコハエトリも見たことがあります。拡大写真で見ると本当に毛がフサフサで可愛いですね(笑)。
ハエトリというからにはハエを取るのでしょうか。私は見たことがないのですが、先生は御覧になったことがありますか?

屋外で2、3度、ハエトリグモが餌を抱えているところは見たことがあります。何を捕まえたのかはよく分かりませんでしたが、大型のハエではないようでした。小型のハエ、アブ、ハチなどではなかったでしょうか。
屋内では面白いものを見たことがあります。
部屋の床で、なんだかくるくるとものすごいスピードで「等速円運動」が行われているのです。何だぁ?と近づいてみたら、ハエトリグモの幼虫が、ゴキブリの幼虫を捕まえたらしく、ゴキブリの幼虫に糸を巻いていたのです。長さ1cm弱の長さに出した糸を引っ張って、ゴキブリを中心にして猛烈なスピードで走ったのですね。で、それが円運動になったのでした。
おもしろかったです。そのあとどうなったか、よくわかりません。しばらくして見たら、いなくなっていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネコハエトリ:

« 紅白のサルスベリ | トップページ | ドバト »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ