« アブラゼミ | トップページ | ワルナスビ »

2008年8月 5日 (火)

アブラゼミの抜けがらについて

0802nukegara1 これは、8月1日の夜に羽化したアブラゼミの抜けがらです。

こうやって落ち着いて見てみると、本当にきれいです。

脱皮ということの不思議さにうたれます。

0802nukegara4 これは前脚や中脚が木の枝に抱きついている部分のアップです。

鋭く尖った脚の先端を木の肌にしっかり食い込ませています。

これが羽化の際の命綱。こうやって固定した幼虫時代の殻に、羽化中の成虫がどうやって体を支えているのか?よくは分かりませんが、綱渡りのような状態を通過して羽化を完成させていくわけです。危険な時間帯ですね。おそらく、羽化の過程で失敗してしまう個体も少なくはないのだと思います。

---------------------------------------------------

ところで、一番上の写真の触覚を見てください。

実は、アブラゼミとミンミンゼミは、成虫はもちろん一目で分かりますが、抜けがらはとてもよく似ているのです。

抜けがらだけを見て、これはアブラゼミだ、これはミンミンゼミだ、と判別できるのでしょうか?

http://www.hirahaku.jp/web_yomimono/tantei/smmiwake.html

http://www4.zero.ad.jp/seiken/shihyo/bhousemi.htm

上のサイトを参照してください。アブラゼミでは「触角は毛深く、第3節は第2節の1.5倍」とあります。

ミンミンゼミでは、第3節と第2節はほぼ同じ長さなのだそうです。

触覚の部分だけを拡大してみました。

0802nukegara2 0802nukegara3 左右の触覚です。

いかがでしょう?

第2節と第3節の長さが違うようだ、とは思うのですが、「1.5倍」もちがうかなぁ?

これは、アブラゼミの抜けがらであることは確定していますから、この程度の違いなのだということをご理解ください。

0805aburazemi3 これは、8月4日の夜に羽化に失敗しかかったけれど、なんとか成功したアブラゼミの抜けがらの触覚部分です。

いかがでしょう?

やっぱり1.5倍はないような気がします。

◆ところで、この知識をもとに下の写真を見てください。

0801nukegarahakusan

これは大田区の白山神社で8月1日に撮影したセミの抜けがらです。

触覚をご覧ください。

どっちでしょう?アブラゼミ?ミンミンゼミ?

アブラゼミではないか、と私は思うのですがいかがでしょうか。

« アブラゼミ | トップページ | ワルナスビ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アブラゼミの抜けがらについて:

« アブラゼミ | トップページ | ワルナスビ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ