« 白い花のサルスベリ | トップページ | アオスジアゲハ羽化 »

2008年8月15日 (金)

ヤマトシジミ

0809yamatosijimi 昆虫を擬人化しようとは思わないのですが、どうもこういう風に目の前にやってきて、逃げるでもなく、じっとたたずまれてしまうと、写真撮ってブログに載せてあげようかなぁ、と思ってしまう私です。

翅がもうボロボロになってしまっています。コレクターはこうなってしまったチョウには見向きもしないでしょう。コレクターは羽化直後のチョウを標本にすればもっとも完全な標本ができると考えます。

私は、生きる姿を「観照する人」、命のの流れに「立ち会う人」でありたいと願うものです。

チョウは空を飛ぶことが生きる姿。精一杯生きてきて、その結果、翅がボロボロになったのですから、こんな美しい姿はない、と思うのです。

思わず、えらいね、と声をかけてやりたくなるのです。

0812yamatosijimi こちらは、まだ旺盛な生命力を謳歌している2頭。

蜜を吸いながら、なにやら井戸端会議の様子。

若くて華やかなチョウもいれば、時間を重ねて老熟したチョウというのもいるのです。チョウに出会ったら、そんな時間を刻みこんだ生の姿を読みとってみてください。

« 白い花のサルスベリ | トップページ | アオスジアゲハ羽化 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤマトシジミ:

« 白い花のサルスベリ | トップページ | アオスジアゲハ羽化 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ