« ニチニチソウ | トップページ | クロウリハムシ »

2008年8月18日 (月)

シュウカイドウ

0810syukaido1 なんだか妙に絵みたいな写真が撮れました。

金魚がぶら下がっているみたいだ、といってまた笑われました。

しゅう‐かいどう【秋海棠】シュウカイドウ科の多年草。中国南部の原産。観賞用に栽培し、しばしば野生化。地下に塊茎がある。茎は肉質・多汁。節は紅色。高さ約60センチメートル。9月ごろ、淡紅色の単性花を開く。<季語:秋> 。「病床に―を描きけり」(子規)[広辞苑第五版]

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%89%E3%82%A6 によりますと

シュウカイドウ(秋海棠、学名 Begonia grandis ssp. evansiana)は、シュウカイドウ科シュウカイドウ属(ベゴニア属)に分類される多年生草本球根植物である。和名は中国語名「秋海棠」の音読み。ヨウラクソウ(瓔珞草)とも呼ばれる。

よう‐らく【瓔珞】①インドの貴族男女が珠玉や貴金属に糸を通して作った装身具。頭・首・胸にかける。また、仏像などの装飾ともなった。瑶珞(ヨウラク)。②仏像の天蓋、また建築物の破風などに付ける垂飾。[広辞苑第五版]

なるほど。瓔珞草という名前はいい感じですね。

0810syukaido2 胸に飾ってみませんか?

かなり豪華な雰囲気です。

0810syukaido3 花をひとつだけアップにしてみました。

オシベでしょうか?ひだ状になっていて独特な形をしています。

0810syukaido4 灯篭みたいな感じもします。

くっきりした姿が印象的でした。

« ニチニチソウ | トップページ | クロウリハムシ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シュウカイドウ:

« ニチニチソウ | トップページ | クロウリハムシ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ