« オオカナダモの花 | トップページ | ストケシア »

2008年7月10日 (木)

イヌホオズキの実

0710inuhouzuki イヌホオズキの実がなっています。

きれいな緑色の球。

「ホオズキ」というのですから「鬼灯」みたいに赤くなるのかな、と思ったら違いました。

いぬ‐ほおずき【犬酸漿】ナス科の一年草。全世界の温帯・熱帯に広く分布。茎の高さ約50センチメートル。葉は卵形。夏、約3センチメートルの花柄を出し、花冠の5裂した小白花を数個つける。球形の液果は熟すと黒色、ソラニンを含み有毒。茎葉の煎汁は頑癬(タムシ)をなおし、解熱剤・利尿剤となる。牛ほおずき。漢名、竜葵。[広辞苑第五版]

実は黒くなるそうです。しかも、ジャガイモの芽の毒で有名なソラニンを含むのだそうです。名前につられて口に含まないでくださいね。

熟していくところを観察します。

« オオカナダモの花 | トップページ | ストケシア »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イヌホオズキの実:

« オオカナダモの花 | トップページ | ストケシア »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ