« 甲虫の幼虫 | トップページ | 樹雨 »

2008年7月15日 (火)

どきどき

2008/07/07付 朝日歌壇より

誕生日プレゼントする口実にノートを借りて過去分子訊く

(作者は高校生ですので、新聞紙上に名前が掲載されることは承知の上として、ネット上に名前が出ることについては控えた方がいいかな、と思い名前は書きませんでした。)

な~るほど、そういう戦術があったのか、きっともう、どきどきしているだろうな。そういう感覚って「遠くなってしまったな」などと思いつつ、妻にも読み聞かせて、二人でニコニコしてしまいました。

で、私のまだ整わない俳歌倉用データベースですが、名前を検索してみたら、もっとありましたので、ご紹介します。

2008/06/23
ノート裂き解き方教えてくれる君その優しさを独り占めしたい

2008/06/02
顔を上げぼんやりしたふりしてる時あなたが視界に入るこの位置

2008/05/26
ダムダムとドリブルの音君がいる体育館わき歩み緩める

初々しい。同級生なんですね、察するに。私は男子高校の出身ですので、高校生の頃にこういう感情はあまり味わわなかったな。抽象的な「恋へのあこがれ」という観念の中に埋没していたように思います。

みのるかどうかはわかりません。でも、正面衝突なさい。すべての事態に正面衝突すること、それがあなたを大きく深くします。

とは、じいちゃんの感懐。

◆青春時代が夢なんて、あとからほのぼの思うもの、青春時代の真ん中は、道に迷っているばかり。

この歌好きだなぁ。60歳という「前期高齢者入口」にきてみたら、やっぱり先は見えず、「道に迷っているばかり」であることが分かりました。

« 甲虫の幼虫 | トップページ | 樹雨 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どきどき:

« 甲虫の幼虫 | トップページ | 樹雨 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ