« マツバボタンの種 | トップページ | 二十歳 »

2008年7月18日 (金)

まちぼうけ

◆2008年に入ってからの「朝日歌壇・俳壇」から、心ひかれたものを、エディタでテキストファイルにまとめる作業がやっと終わりました。

テキストファイルになれば、作者名で検索して「名寄せする」というような作業も楽になります。

若い女性のみずみずしい感性にいつもチェックマークをつけている東京の田代麻里紗さんの歌をまとめてみました。

2008/03/24
まちぼうけ電光掲示板からは今日の降水確率ながれる
薔薇の香の泡で身体を洗いし日左の脛に痣みつけたり
 馬場あき子 評:芳香のやさしい石鹸の泡に包まれながら発見した脛の痣が精神に響く疵(きず)のよう。

2008/04/07
ブロッコリーを強火で茹でる八分間きみの名前を何度もつぶやく

2008/04/28
京王線乗る吾(あ)は風となりさくら、むらさきはなな、なのはな揺らす
 高野公彦 評:自分が風と化して、花々を揺らして走る。

2008/05/05
吾の顎を傾けさせる親指で生物学の教科書めくる
 永田和宏 評:若い恋の思いを感性豊かに歌って魅力的。

◆私自身の「評」は遠慮します。どう書いても、どこかピント外れになります。選者の評のついていたものは、そのまま一緒に載せてあるのですが、申し訳けないけれど、どの評もなんとなく、ポイントを外しているという感が否めません。

ひたすらに「私はこれらの歌に惹かれた」ということだけを提示します。

作品と直接対峙してください。鑑賞とは自己表出であり、創造であると思います。

« マツバボタンの種 | トップページ | 二十歳 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まちぼうけ:

« マツバボタンの種 | トップページ | 二十歳 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ