« シオヤアブ | トップページ | 泥んこゾウムシ(続編) »

2008年7月16日 (水)

泥んこゾウムシ

0715zoumusi1 0715zoumusi2 郵便物を取りに出たら、足もとの葉っぱに何やら小さな甲虫が一匹。カメラを取ってきて3枚ほど撮影したらポロッと落ちて、どこやらへ消えていきました。

その時、肉眼では(老眼なもので)詳細には見えていなかったのです。

さて、パソコン画面上で見てみたら、なんと、泥まみれではないですか。乾いてきて割れ目が走っています。「泥んこ甲虫(Dirty Beetle)」ですねぇ。

何となくおかしみを感じさせる姿ですが、本人(本虫)にしてみれば、奇跡の生還かもしれません。このサイズの虫にとって、泥の粘っこさは致命的。よくまぁ、脱出してきたものです。

(水滴の表面張力に、アリがつかまって死ぬこともあります。)

ヒトは巨大なので、泥が粘っこいとか、水滴に指がへばりつくなんて考えてもいませんが、小さな虫たちにとっては重大なことなのです。

さて、この甲虫、名前は分かりません。形からして、「スグリゾウムシ」とか「コフキゾウムシ」とかではないのかな?と思いますが、何せ、泥んこで固まってます。見えません。

乾燥した泥が砕けて、自由になったことを祈ります。元気にしてるかなぁ。がんばれよ~。

« シオヤアブ | トップページ | 泥んこゾウムシ(続編) »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 泥んこゾウムシ:

« シオヤアブ | トップページ | 泥んこゾウムシ(続編) »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ