« 対決 | トップページ | ツマグロオオヨコバイの幼虫 »

2008年7月 9日 (水)

キハラゴマダラヒトリ

0709kiharagomadarahitori1 7月9日朝。アジサイの葉の裏に白い蛾がいました。

真っ白ならシロヒトリだろうと思うのですが、ちょっとゴマダラ模様。

最近私は「毒蛾づいている」ものですから、ちょっぴり不安になって、さしあたって、写真だけ撮って、調べてみることにしました。

0709kiharagomadarahitori2 横から見て、屋根型というのでしょうか、そんな形。

翅を開いてとまるか閉じてとまるかは、大きな情報になります。

背面から見た形も重要でしょう。

ということで、この2枚。

蛾の左前に何か白いものが写っていますが、これはツマグロオオヨコバイの幼虫の抜けがらです。

さて、部屋に戻ってネットで検索。

http://www21.ocn.ne.jp/~k-yanagi/2-Arctiidae.htm

このサイトで、「ゴマダラヒトリ」に出会いました。

アカハラゴマダラヒトリ:純白の翅に隠された腹部は赤い。これと同じで腹部が黄色いものはキハラゴマダラヒトリと言う。アカハラゴマダラに似るが、腹部が黄色いので翅をめくってみれば簡単に区別できる。

ふ~ん。ドクガじゃないんだ。ならあわてて「抹殺」しに行くこともない、とのんびり。昼に見に行ったら、案の定同じ場所にいました。

「翅をめくってみれば簡単に区別できる」とはいってもなぁ。

0709kiharagomadarahitori3 葉を持って、蛾の真後ろから覗いてみました。

かなり失礼なアングルで、ゴメンナサイ。

どうも、腹の背面、翅の真下は黄色いのではないでしょうか。

すぐ手の届くところにあったツツジの葉で、蛾の翅を持ち上げようと試みました。

失敗。

0709kiharagomadarahitori4

葉に移ってきてしまいました。

腹は見えたのですけれどね。きれいな模様です。でも、見たかったのは腹の背面なんですけどね・・・。

困ったな、と思っていたら、飛びもせず、ひょこひょこと歩いて、手にのぼってきてしまいました。ドクガじゃないことは確認していましたからいいのですけどね、くすぐったいというか、なんだかむずがゆいというのか、トホホな状況になってしまいました。

左手に蛾をのせて、右手でカメラを構えて、撮りましたよ。

0709kiharagomadarahitori5 0709kiharagomadarahitori6 マクロレンズで接近してますからね、自分の腕の産毛が写ってるんですねぇ。

フワフワした毛は、貴婦人の装いですね。

前足の内側が黄色いでしょ。実はこのあと、しょうがなくて、元の葉に戻そうとしたら、翅を開いてやっと飛んで葉蔭へ隠れたのですが、その瞬間、写真には撮れませんでしたが、腹部背面の色は、前足の内側の色と同じ、黄色でした。

結論:一連の写真は、キハラゴマダラヒトリです。

« 対決 | トップページ | ツマグロオオヨコバイの幼虫 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キハラゴマダラヒトリ:

« 対決 | トップページ | ツマグロオオヨコバイの幼虫 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ