« ショウリョウバッタの幼虫 | トップページ | カタツムリ »

2008年7月 1日 (火)

ツヅミミノムシ

0625tudumiminomusi1 車を出したら、ガレージの床をツヅミミノムシが歩いていました。

「こんなところを歩いていたら危ないじゃないか」と説教をして安全そうな場所に移してやりました。

ずいぶん元気に進んでいましたよ。マダラマツハヒロズコガの幼虫君です。掌の上でせっせと歩かれると、くすぐったくてかわいいです。愛着がわきます。

0625tudumiminomusi2 今回、何気なくミノに注目したら、面白いことが見て取れます。

小さな小さな幼虫が生長しながら、ここまでミノを拡張しながら生活してきたのでしょうが、ミノを拡張する向きは「縦方向ではなく横方向」なんですね。(もちろん縦にも伸びますけど)。

写真ではっきりわかりますでしょ。下のくびれたあたりから始まって、拡張してきた跡が縞模様になっています。

0625tudumiminomusi3

その始まりの辺りを拡大してみると。

初めのころは、手近にあった砂粒なども利用したのでしょうね。粒々が一杯見えます。

0607tudumiminomusi2

ちなみに前回6月7日に出会った、ツヅミミノムシの写真を再掲しておきます。このミノではあまり砂粒のようなものは目立ちません。

成長してきた履歴が残っているのですね。

« ショウリョウバッタの幼虫 | トップページ | カタツムリ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツヅミミノムシ:

« ショウリョウバッタの幼虫 | トップページ | カタツムリ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ