« ヒメモノアラガイ | トップページ | 子カマキリ »

2008年6月12日 (木)

カイミジンコ

0605kaimijinko1_2 なんだ、ピンボケのメダカじゃないか、といわないでください。

下のほうに「←」を書きこんでおきました。その指しているところにカイミジンコがいるのです。

水の中にレンズを突っ込むわけにはいきませんから、ちょっとカイミジンコ君には出張してきてもらいました。

ピペットで吸い上げ、顕微鏡用のカルチャースライドグラス(中央に丸いくぼみのあるスライドグラスです)にたらします。水量が多いと激しく動き回るので、ティッシュで少し水を吸い取って、カイミジンコの動きを制限します。そうやっておいて、マクロレンズで最接近。

0605kaimijinko2 2枚の貝殻が合わさったような構造が見えますね。

そのために「カイミジンコ」なのです。貝の仲間ではありません、あくまでも甲殻類なのです。詳しくいうと「節足動物門甲殻綱貝形亜綱」の中のさらにいろいろな「目」の中のさらに・・・。となるので、カイミジンコで十分でしょう。

0605kaimijinko3 

合わさった殻の間から触手が出ています。これを振って、泳ぎ回ることができます。普通のミジンコは動きが「ピョンピョン」ですが、カイミジンコは滑らかに動きます。

カメラでもここまで撮れるのか、と嬉しくなりました。

さて、撮影後は元の水槽に戻してやりました。

実は、理科おじさんとしてU君と顕微鏡でゾウリムシを見たときでしたか、見終わって、私は流しに流してしまっていいと思っていたのですが、小学生だったU君は元の水に戻してやりたいといいました。すぐれた感性です。反省して水槽に戻してやった理科おじさんでした。

ということで、今回も、カイミジンコは水槽にもどいてやったのです。

◆↓ここに詳しい話が出ています。関心のある方はお読みください。

http://cyclot.hp.infoseek.co.jp/sonota/kaimiji1x.html

« ヒメモノアラガイ | トップページ | 子カマキリ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カイミジンコ:

« ヒメモノアラガイ | トップページ | 子カマキリ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ