« クロスジギンヤンマ | トップページ | ダンゴムシの脱皮殻 »

2008年5月16日 (金)

梅の実の成分

「梅の実」の項に桔梗さんからコメントをいただきました。

子供の頃学校や親から青梅を食べないように、ときつく注意されていました。「エキリ?」になると言われたのですが・・・

私もそんなことを言われていました。「エキリ」は「疫痢」ですが、これは伝染病ですから梅の実を食べたからかかるという病気ではありません。

えき‐り【疫痢】子供、特に幼児の急性伝染病。激烈な中毒症状、粘液下痢を主症状とし、高熱・痙攣(ケイレン)・嘔吐・昏睡などを起す。赤痢菌によることが多く、死亡率が高い。小児赤痢。颶風病(ハヤテ)。早手。[広辞苑第五版]

ただ、腹をこわすよ、危ないから食べるな、ということの具体的な指示だったのでしょう。

青梅の実が危険だというのは「アミグダリン」という化合物のせいです。この化合物にはシアンがくっついています。アミグダリンが分解されるとシアン化水素が発生しますので危険だということなのです。でも、大量の青梅の実を食べなければ死ぬほどではないのですが、やめた方が良いですね。

と思って、検索したら、何と、アミグダリンが健康によいという「ニセ科学」が流れているようですね。

やめてください!危険ですよ!!

http://hfnet.nih.go.jp/contents/
ここは、独立行政法人 国立健康・栄養研究所のサイトです。ここには、いろいろ危険な健康食品情報なども解説されていますので、重要なデータ源になります。

ここの中の

http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail748lite.html に「アミグダリン、レートリル、レトリル」の情報がありますので参考にしてください。

また、ウィキペディアにもちゃんとした情報がありますので、お読みください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%82%B0%E3%83%80%E3%83%AA%E3%83%B3

◆どうも日本では「毒も少量なら薬」とか「良薬口に苦し」とか、変なものを薬と信じ込む風潮があって危険です。身辺に警戒心の網を張ってください。

(上の場合、逆は真です。「薬も大量なら毒」です。薬というのは体の生理作用に影響を与えるからこそ薬なのですから、大量に飲めば、生理作用が妨害されて毒になるのは当たり前です。すべての薬には副作用があると考えてください。副作用と作用のバランスを勘案して薬は使うべきなのです。)

« クロスジギンヤンマ | トップページ | ダンゴムシの脱皮殻 »

植物」カテゴリの記事

コメント

詳しくお話して頂きありがとうございました。
梅の実を食べたからと言って疫痢にはならないのですね。疫痢もどういう病気かわかって良かったです。
薬も気をつけないと大変なことになりますね。
用心します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クロスジギンヤンマ | トップページ | ダンゴムシの脱皮殻 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ