« さくらんぼ | トップページ | ユキノシタが満開です »

2008年5月13日 (火)

エニシダ

池上本門寺植木市 Part3

0505enisida_r1 あれ、なんだこれ?

エニシダのようだけれど、こんな色のもあったのかな?

0505enisida_r2 0505enisida_r_3 どうみてもエニシダの花ですよね。

まいったな。

聞いてみたらやっぱり買い込んできたエニシダ。

初めて見ました。

0505enisida_r4

エニシダ【金雀枝・金雀児】(ラテン語のゲニスタ(genista)が転訛したスペイン語のイニエスタ(hiniesta)から) マメ科の落葉低木。南欧原産の観賞植物。高さ約1.5メートル。茎は深緑色で縦稜がある。5月頃、葉腋に黄金色の蝶形花をつけ、両縁に毛のある莢サヤを生ずる。紅斑のある花や白花などの園芸品種が多い。<季語:夏>[広辞苑第五版]

なるほど、園芸種はさっぱりわからない私でした。(園芸種でなくったって、わからないくせにね。)

ところで、黄色い方の、普通に見かけるエニシダもあるのです。

0505enisida_y1 0505enisida_y2 ね、こちらを普通には見かけますよね。

さて、結構なじみ深い花ですが、授粉の仕組みがユニークなようです。

朝日新聞の日曜日にbe on Sundayという版がありますが、そこで見つけた記事です。

2008/03/30 朝日新聞 be onSundayから
[花と虫の物語]④蜜出さず強引に:エニシダ
 日本の初夏をいろどるエニシダ。その受粉戦略はあくどく、強引だ。
 黄色い花はただでもよくめだち、においがあまりなくても昆虫が集まる。ところが、蜜のありかを示す蜜標はちゃんとあるのに、何とこの花は蜜を出さない。そうとも知らずに訪れたミツバチなどは、蜜標を頼りに左右に広がる花弁(翼弁)と手前下側にある花弁(舟弁)に足をかけ、幻の蜜を求めて踏んばる。
 次の瞬間、舟弁の間からオシベがいきおいよく飛び出して、花粉をまきちらしながらハチの体に巻きつく。直後、今度はメシベが飛び出してハチの背中をたたく。そこには、他の花の花粉も付いているから、これで無事受粉したはず。巧妙な作戦のかいあって、実を結ぶ確率が非常に高い。

珍しい花の話は「へぇ、そうなんだ」だけですが、身近な花の話となると興味深いですね。

今度この花を見かけたら思い出してください。

« さくらんぼ | トップページ | ユキノシタが満開です »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エニシダ:

« さくらんぼ | トップページ | ユキノシタが満開です »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ