« ツマグロヒョウモン | トップページ | クモ(名前は分かりません) »

2008年5月28日 (水)

ナガミヒナゲシの実・種

0522hinagesitane1 0522hinagesitane2

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_bdc9.html

上で、「ナガミヒナゲシ」の話をしました。その最後では、まだ熟していない実の写真を載せました。

花の季節がほぼ終わって、充分に実は熟しましたので、一つ取ってきて写真に収めました。

フタ付ですね。さてどんな種が入っているのか?

「芥子粒」といえば、極めて微細なもののたとえですが、どの程度に小さいのか?ちゃんと見たことがなかったのです。(マツバボタンの種が砂粒のように細かい、というのはよく覚えていますが。)

0522hinagesitane3 0522hinagesitane4 透明なプラスチックの入れ物に中身を出してみました。

確かに小さな種がいっぱい出てきましたよ。

ケースを物差しの上に乗せて撮影しましたので、1mmの目盛が一緒に写っています。

およそ、0.3mmくらいといっていいでしょうか。真ん丸くはありません。その上、ある種「カゴ状」の構造を持っているようですね。知らなかったぁ。

中身が「充実」して黒っぽいのと、光が透けているのとあります。どうなのでしょう?透けている方は中身がないのかな?よくわかりませんでした。これだけいっぱいあれば、繁殖しますね。すごいパワーです。

----------------------------------------------------

ところで、仏典からの用語なのかな、「芥子劫」という「長い時間」を表す言葉があります。

40里立方の箱があって、そこに芥子の種が一杯詰まっています。百年に一度、ここから芥子粒を一つ取り出します。そうやって、すべての芥子粒を取り出すのに必要な時間を「芥子劫」というのです。

見積もりをやる気はありませんが、長そうですね。

「大きな入れ物に、小さな芥子粒」という組み合わせの発想力がすごいですね。

----------------------------------------------------

落語に「寿限無」という噺がありますね、そこに「五劫の擦り切れ(ず)」という語句が出てきます。(私の記憶では「擦り切れず」なのですが、最近は「擦り切れ」のほうがポピュラーかな)

ここに出てくる「劫」は多分、「磐石劫」のほうではないでしょうか。

磐石劫は、40里立方の岩があって、3年に1度天女が舞い降りてきて羽衣でこの岩を撫でるのです。そうやって、この岩がすり減ってなくなるまでの時間を「磐石劫」というのだそうです。

ですから、「五劫たっても擦り切れず」なのではないかと思うのですが。

« ツマグロヒョウモン | トップページ | クモ(名前は分かりません) »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナガミヒナゲシの実・種:

« ツマグロヒョウモン | トップページ | クモ(名前は分かりません) »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ