« ナス科の2種(その2) | トップページ | ヤマノイモ »

2008年5月29日 (木)

テントウムシ

白山神社に庚申堂があることは以前お話しました。

その庚申堂の屋根の上

0523tentouseityu 0523tentouyoutyu 実際至近距離ですれ違ったのですが、そのシーンは撮り損ねました。

成虫と幼虫がすれ違うなんて、結構珍しいシーンでした。

この成虫については、ナミテントウであるということは確かです。幼虫はよくわかりませんが、多分同じ種でしょう。

その上、庚申堂の脇の笹を見たら、ナント

0523tentousanagi

蛹まで見てしまいました。

こういうことは、非常に珍しいことでした。

アブラムシに悩んでいらっしゃる方は、テントウムシを食事に招いてあげてください。

せっせと食べてくれますよ。

« ナス科の2種(その2) | トップページ | ヤマノイモ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テントウムシ:

« ナス科の2種(その2) | トップページ | ヤマノイモ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ