« ネコハエトリ | トップページ | キセルガイ »

2008年5月26日 (月)

ヒメクチナシ&・・・

0520himekutinasi ヒメクチナシの木です。

去年、オオスカシバに食べられてすかすかになっていましたが、日差しが強くなるにつれて、緑が濃くなり、新芽が広がって木の中が見えにくくなてきました。そうして、蕾を準備しています。

風流を解するササグモさんが、蕾の様子を眺めています。(そういうわけでもないのでしょうけど・・・)

さて、去年、このヒメクチナシを食べたオオスカシバが蛹になって越冬していました。

5月25日、羽化しましたのでお目にかけます。

0525oosukasiba1

左上は蛹の抜けがら。

右下が羽化した成虫です。羽が透明なのでハチと間違われることもありますが、蛾です。

0525oosukasiba2 全体をお目にかけることをやめて、胸の辺りの画像をお目にかけます。ご覧ください。

油絵の筆致を思わせるような毛の流れに注目。

どうも蛾は、蛾というだけで嫌われがちですが、よく見て鑑賞してください。美しいものです。見なければ美しさもわかりません。どうか、頭から嫌わず、まずは見つめてください。

(生物学的には、チョウとガは基本的に区別されません。為念。)

今年も、ヒメクチナシとオオスカシバの「戦い」の季節がきましたね。どっちもがんばれ、としかいいようのないかかしさんなのでした。

« ネコハエトリ | トップページ | キセルガイ »

植物」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒメクチナシ&・・・:

« ネコハエトリ | トップページ | キセルガイ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ