« 輪になって踊る | トップページ | カメ »

2008年5月10日 (土)

カルガモの母子

0505benten

ここは品川区のとある弁天様の池です。

鳥居の向こうが池で、橋がかかっています。この池で素敵なことが起こっています。

0505karugamo1 カルガモが子育てをしている、と妻が教えてくれたので、見に行ってきました。5月5日でした。

母親しか見えなくて、どうしちゃったんだろう?ヒナを失ってぼんやりしているのかなぁ、と心配しました。ところが、実はこの時、羽の下にヒナを包んでいたのです。

0505karugamo2 しばらく待つうちに、お散歩タイムにでもなったのでしょうか、羽の下から雛たちが出てきました。

ニュース映像などで見たことはあったのですが、実際に目の前で歩くヒナのなんとかわいいこと。

0505karugamo3 この写真で、一番右にいて水面をのぞいているヒナは、この後、チャポンと水に飛び込みました。

このくらいの段差でも、決断が要るようですね。

0505karugamo4やがてみんなで泳ぎ始めました。

ヒナもかわいいし、親の表情も決然としていてとても素敵。

ここでは5羽しか見えませんが・・・

0505karugamo5 ヒナは全部で6羽います。

この写真でなら確認できますね。

(5月10日にこの池を見に行った妻の話では、ちゃんと6羽いたそうです。ヒナには敵が多いからなぁ。心配ですね。)

0505karugamo6 ヒナが1羽で泳いでいるところが撮れました。

なかなかいい表情してるでしょ。

嬉しいですね。

ところで、似たような写真なんですが、もう一枚。

0505karugamo7 水面の波を見てください。

ヒナが動くと波が立ちます。波を立てながら泳ぐと、自分が作った波を追いかけながら次の波が立ちますので、前方では波が詰まった状態になり、後方では波の隙間があきます。

親鳥が泳ぐと、自分が作った波を追い越していくスピードがありますので、その場合、鳥の後ろにV字型の波が広がります。(船やモーターボートでも見られますね。)

ところが、ヒナの場合、一生懸命泳いでも、自分が作った波を追い越せません。ですから写真のような前で密、後ろで疎な状態ができるのです。

この出来事が、水面の波ではなく、音で起こった場合、ヒナの状況は「サイレンを鳴らしながら走る救急車」の状態です。前方で音の波が密になり、高音に聞こえ、後ろで波が疎になって音程が下がります。

親鳥のようなV字型の波の場合は「超音速のカルガモ(いえジェット機)」なんですね。

このあたりのことは、私のホームページでも扱いましたのでご覧ください。

http://homepage3.nifty.com/kuebiko/science/117th/sci_117.htm

このページの後半の方にあります。

ヒナが一生懸命泳いでも自分の波が追い越せない、というのは実際に見て初めて知ったことです。ニュースなどではそういうシーンは見られませんので。

実に楽しい時間でした。「目が幸せ」になりました。(眼福、眼福というのでしょうが、ちょと古いかな。)

« 輪になって踊る | トップページ | カメ »

動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カルガモの母子:

« 輪になって踊る | トップページ | カメ »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ