« 六日の五月人形 | トップページ | クロスジギンヤンマ »

2008年5月 6日 (火)

クロスジギンヤンマ

0426kurosujiginnyanma1 4月26日です。

妻が「池でみつけた」といって連れてきたヤゴ。

嬉しいですねぇ。娘が掘った「トンボ池」で大型のトンボが2年連続して生活しているようです。定着してくれたのかなぁ。

一緒に、抜けがらもすくい取ってきてくれました。

0426kurosujiginnyanma2 これが抜け殻。

みごとなものでしょ。こちらはじっくり写真が撮れます。

0426kurosujiginnyanma3 顎がものすごく立派です。

このヤゴや抜け殻の見つかった池のメダカがほとんどいなくなってしまっていたのですが、おそらく、このヤゴ(たち)が食べてしまったのでしょう。

最初から、メダカはヤゴの餌のつもりで飼っていますので、一向に構いはしないのですけれど。それにしてもすごい食欲です。

0426kurosujiginnyanma4 顎をアップにしてみました。

このあごの先端の形で、クロスジギンヤンマか、ギンヤンマかの識別がつくのです。その文献を読んで、一応私としてはクロスジギンヤンマのヤゴであろうと考えています。

このあたりのことは、去年の記事を参照してください。

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_8771.html

このヤゴについては、さらに続きの話があります。また項を改めて書くことにします。「今日の続きはまた今度」

◆おまけ

「今日の話は昨日の続き、今日の続きはまた明日」といって始まるラジオ番組をご存じでしょうか?

大橋巨泉・前田武彦、両氏の若かりし頃の番組です。10分間の短い番組。

この番組の前だったか後だったかに、やはり10分間で「フォーク・カプセル」という、高校生の頃の森山良子さんが出演する歌番組があったのでした。「今日の日はさようなら」などが誕生していくところに生で立ち会った時代です。(局はラジオ関東)。

« 六日の五月人形 | トップページ | クロスジギンヤンマ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロスジギンヤンマ:

« 六日の五月人形 | トップページ | クロスジギンヤンマ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ