« ツツジの季節の終り | トップページ | ねこじゃらし公園 »

2008年5月 7日 (水)

ヒゴクサ

0427higokusa1 見慣れぬ花を妻が発見。池のほとり。今年初めてやってきたもののようです。鳥が連れてくるのでしょうか?風が連れてくるのでしょうか?

この写真は4月27日の撮影です。

さて、初めて見る草とて、名前が分かりません。なんとなく「カヤツリグサ」の仲間ではないか、と雑草図鑑をひっくり返してアタリをつけ、ネットで検索して確認が取れました。

カヤツリグサ科( スゲ属 )ヒゴクサ:学名Carex japonica だそうです。

和名は肥後で採集されたとか、細い茎が竹ひごに似るから籤草とかいわれるのだそうです。

花は穂のように立った部分と、その下に綿毛のようなぽやぽやがあるのが特徴です。

0428higokusa2 翌28日、花の様子に少し変化がありました。直立した穂のような部分が「開花」したのです。

0428higokusa3 この直立した部分は「雄性の頂小穂」といって、淡い黄色ですね。

下の綿毛のようなのは「雌性の側小穂」といって、白い繊維状のものはメシベの柱頭らしいです。中には淡い緑色の部分があります。

この姿を覚えればヒゴクサは大丈夫だと思います。

さて、しばらくするとまた変化が起きました。

0430higokusa4 0430higokusa5 雄花が完全に開ききって、そろそろ花の時期が終わりに近づきました。

この後は、花としては何となくしょぼしょぼした雰囲気になり、終わりました。

この2枚の写真は4月30日の状態です。

さて、しばらくたって、5月5日。どうなったかなと見たら、面白い姿が観察できました。

妻に言わせると、「虫みたい」なイメージだそうです。実がみのってきたのですが、なかなか面白い姿です。

0505higokusami1 なんかこう、虫の脚が連なっているような感じを連想させるのですね。

ぽわぽわした感じの柱頭が残っていて、実の集合を網のようにくるんでいます。

0505higokusami2 0505higokusami3

見れば見るほど、きれいに編んだネットにくるまれているようです。

不思議なものですね。

地下茎(ランナー)を伸ばして増えるとありました。

我が家ではこれからどうなるのでしょうか?

« ツツジの季節の終り | トップページ | ねこじゃらし公園 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒゴクサ:

« ツツジの季節の終り | トップページ | ねこじゃらし公園 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ