« クモ(名前は分かりません) | トップページ | アメリカフウロの実 »

2008年5月28日 (水)

ヨツボシオオアリ

0522yotubosiooari1 0522yotubosiooari2 アリもその気になってよく見ると、いろいろな種類が身の回りにいるのですね。

黒くて大きい、黒くて中くらい、赤くて小さい、という3種類くらいが私のぼんやりした認識でした。

ここでご紹介するのはヨツボシオオアリです。腹部の白い4つの斑紋が名前にもなっている特徴です。また腹柄の様子が、普通のアリとは全然違うようです。

---------------------------------------

今年の3月5日の朝日新聞に、熊谷守一さんの「豆に蟻」という絵にまつわる話が載っていました。そこから、部分的に引用します。

なぜアリを描くのか
 なぜアリなのか。
 理由の一端は明白だ。熊谷守一は96歳のとき、「(自宅の)正門から外へは、この三十年間出たことはないんです」と話している。東京都豊島区千早の自宅からほとんど外出しなかったのだから、題材が身近なものになるのも、無理はない。
 では、外の世界に全く関心がなかったのだろうか。
 まるで逆だろう。「石ころひとつ、紙くずひとつでも見ていると、まったくあきることがありません」と語り、アリも地面にほおづえをついて見たという。
 身近な昆虫、花から軒先に見える月まで、何でもお面白いものとして見る才能を備えていた。
 それは、濃淡のない単色で平板に塗り、太い輪郭線で縁どる童画のような「守一様式」とも関係しているのではないか。どんな対象も、同じタッチで陰影なく、同じ輪郭線で描く。等価な色彩に、等価な輪郭。小動物から宇宙までを、等しく面白がり、慈しんで描く。だから立ちのぼる、温かさと詩情。
 熊谷はこう語っている。「絵と言うものの私の考えはものの見方です」(大西若人)
 ①油絵の多くが4号の大きさ。熊谷の絵の具箱に入るサイズで、手に持って描きやすい面もあったようだ。
 ②ひっかき傷のように片仮名で記されたサイン。1950年代から本格的に使われたという。1文字ずつには意味がない仮名を選んだという見方もある。
 ③観察をもとに、熊谷は「蟻は左の二番目の足から歩きだすんです」と語っている。

私もまぁ、毎日、小さな庭へ出ると、それだけで1時間近くの時間を費やしてしまいます。虫や植物との出会いを楽しんでいるせいです。これで、自然教育園なんか行ったら一日かけて10m歩けますかね、あの生物密度の高い場所では。

◆さて、熊谷さんは「蟻は左の二番目の足から歩きだすんです」とおっしゃっているそうですが、この記事の冒頭、1枚目の写真をよく見てください。

左の2番目の足と、右の3番目の足が上がっているのが分かると思います。

う~む、熊谷さんの観察はすごい!!

6本の足を、「右の1、3と左の2」「左の1、3と右の2」というように常に3点確保で歩くのが昆虫の歩行の基本なのです。

このリズムはパターン発生器という神経回路でつくられています。パターン発生器は自律的にリズムを作れますが、脳の支配も受けています。(実はヒトなどの歩行も、基本リズムは脳が作っているわけではなく、パターン発生器を脳がコントロールしているのです。昆虫もヒトも基本原理はよく似ています。)

肉眼で、この3点確保の歩行パターンを見抜くという観察力は、さすが画家の眼力というものなのでしょう。

私はまだまだ修行不足ですから、肉眼ではアリの足の動きは見えません。写真に撮ってみて、それが写っているのを見て大感激しています。

« クモ(名前は分かりません) | トップページ | アメリカフウロの実 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヨツボシオオアリ:

« クモ(名前は分かりません) | トップページ | アメリカフウロの実 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ