« アブの飛翔 | トップページ | ミドリガメ »

2008年5月 1日 (木)

紅花常盤満作

名前のわからなかった花の名を桔梗さんが「紅花常盤満作(ベニバナトキワマンサク)」と教えてくださいました。

再度、行ってみました。下の方の花はもう盛りが過ぎたようで、上の方にいっぱい咲いていました。

0426benibanatokiwamansaku1 このリボン状の花びらが特徴なんですね。

まん‐さく【満作】
①穀物が十分にみのること。豊作。「豊年―」
②マンサク科の落葉大低木。山地に自生。高さ3メートルくらい。早春、黄色・線形の四弁花を開き、楕円形のサク果を結ぶ。茶花(チヤバナ)として栽培、花季が早いので珍重される。葉を止血剤とする。金縷梅。<季語:春>

マンサクは黄色い花だそうです。そこで「紅花」なんですね。

0426benibanatokiwamansaku2 花びらの落ちた花を覗いてみると、はっきりはしませんが、オシベ・メシベがあったのだな、という名残が見えます。

0426benibanatokiwamansaku3 葉の色がすこし風変わり。

赤っぽい葉と緑の葉が共存しています。

赤っぽい葉は、触るとなんだかべたつくみたいです。ふと見るとアブラムシがいっぱいです。やはり糖分が高いのでしょうか。

0426aburamusi

さて、ここからまた一騒動が始まるのですが、今度はカテゴリーを「動物」にうつしてお話しましょう。

« アブの飛翔 | トップページ | ミドリガメ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅花常盤満作:

« アブの飛翔 | トップページ | ミドリガメ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ