« 水滴 | トップページ | ユスリカ »

2008年4月17日 (木)

ナナホシテントウ

0414nanahosi1 カラスノエンドウにアブラムシがたくさんついています。

下の方にはアリも面倒を見に来ています。(アブラムシは別名アリマキともいいますね。)

あぶら‐むし【油虫】カメムシ目アブラムシ科の昆虫の総称。一般に小形で、農作物などの汁液を吸収して発育を害し、種類によりウイルスを媒介。夏、単為生殖で増殖し、秋に雌雄を生じ、多数の卵を産む。多くは腹端から蜜を分泌するので、蟻が好んで保護する。アリマキ。[広辞苑第五版]

茎の向こうに、赤い色の虫さんがいます。これはナナホシテントウでしょう。

0414nanahosi2 左手で茎を曲げて、ナナホシテントウが見えやすいようにしました。

人間の「巨大な」手には何も感じなかったのですが、写真で見ると、なんだかアリが攻撃を仕掛けているようにも見えます。

0414nanahosi3 なんだかやっぱり攻撃されているみたい。

ナナホシテントウのほうは、一生懸命お仕事中。

ナナホシテントウのお仕事といえば、そう、アブラムシを食べること。

0414nanahosi4 ごちそうがズラッと並んでいます。

もう食べることに一心不乱。

むしゃむしゃと、音でもしそうな勢いで食べています。

0414nanahosi5

ナナホシテントウの顔の前に脚がいっぱい見えるのは、これはアブラムシの脚なんです。

0414nanahosi6 もうあと一口くらいで食べ終わりそうですね。

ナナホシテントウは、幼虫も成虫もアブラムシを食べます。園芸がお好きな方は、殺虫剤をまくのもいいですが、テントウムシをかわいがるのもいいのではないでしょうか。

0414nanahosi7 もう次のに襲いかかりました。

すごい食欲ですね。

見かけは「かわいい」ですが、相当にタフな昆虫なんですよ。

« 水滴 | トップページ | ユスリカ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水滴 | トップページ | ユスリカ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ