« クロアゲハ(翌日) | トップページ | カラー(Part2) »

2008年4月15日 (火)

カラー

0410calla1 妻がなにやら嬉しそうな顔してやってきました。こういうときは必ず何か面白いことがあるのです。

「何だい?」「ミニ・カラーが咲いてるわよ」「ミニ・カラー?」というわけです。

大きさの見当がつくように、ものさしを脇に置いて撮影してみました。

確かに、小さくて、かわいいのです。

0410calla2

小さくても、立派なつくり、一人前です。

どうして、小さいまま咲いてしまったのか、よくわかりませんが、常識の枠をはみ出たものを見ると、どうにも楽しいですね。

なんとなくウキウキした気分を楽しんでいます。

黄色いのはおしべの葯の集合体でしょうか?よくわかりません。

---------------------------------------------

ご存じとは思いますが、カラーはサトイモ科。

カラー【calla】〔植〕オランダカイウに同じ。[広辞苑第五版]

オランダ‐かいう【阿蘭陀海芋】サトイモ科の多年草。南アフリカ原産で観賞用。水湿地を好む。高さ1メートル内外。葉は大きく光沢がある。夏、長い花茎の頂部に、大きな白色の苞に包まれた肉穂花序がつく。温室で冬・春に開花させ、切花とする。普通、旧属名のカラーで呼ばれる。[広辞苑第五版]

肉穂花序というのはサトイモ科にごく普通に見られる花序です。ミズバショウやコンニャクもそうですね。

ばかでかい「ショクダイオオコンニャク」もサトイモ科です。漢字で書けば「燭台大蒟蒻
」。なるほど、花の姿を表していますね。

下の記事は朝日新聞の日曜日のbe(4/13付)から引用しました。

[花と虫の物語]⑥ショクダイオオコンニャク:激臭で存在感
 インドネシア・スマトラ島のショクダイオオコンニャクの花は、3m以上の高さになる。単子葉植物の花としては世界最大。しかし、一つの株からは7年に1度しか咲かず、しかも3日間でしおれるその花を見るのは至難だ。
 花が咲くと、魚が腐ったような激しいにおいが数km四方に広がる。昆虫には、腐臭が大好きな仲間がいる。花粉を運んでいるのは、そんな虫の代表格のシデムシの一種のようだ。
 開花時にメシベは成熟していて、虫が別の花の花粉を持っていればそれで受粉が終わる。持っていなくても、開花2日目には、オシベが成熟して、糸くずのような花粉を出す。それを、他の花に運んでもらえれば十分だ。
 いつどこで咲くとも知れない花にとって、激臭はその存在を示す最良の方法だ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%A3%E3%82%AF
これはウィキペディア。一部引用しますと

学名:Amorphophallus titanum (Beccari) ex Arcang
英名:Titan arum
  スマトラオオコンニャク(スマトラ大蒟蒻) Amorphophallus titanum は、サトイモ科・コンニャク属の植物。インドネシア、スマトラ島の熱帯雨林に自生する。数年に一度しか咲かない、世界最大の花として有名になった。花の形からショクダイオオコンニャク(燭台大蒟蒻)という別名もある。また、Titan arumという英名からタイタンアルムとも呼ばれる。他にも、その腐臭から死体花という名前もある。
  花序とその付属体、および仏炎苞の複合体は直径1.5mに達するとされ、その縦寸は3.5mまでになった記録もある。肉穂花序の先端は棍棒状の付属体となり、その下の仏炎苞に包まれた部分の上部に雄花、下部に雌花が密生する。

余談ですが、「phallus」というのは「おちんちん」のことです。花の姿を表しているのでしょう。

「Amorpho」の、「A」は否定辞、「morho」というのは「形」という意味なんですが・・・。

アモルファス半導体っていいますでしょ。あのアモルファスは「無定形」という意味なんですが・・・。

---------------------------------------------

0410calla3 上のミニ・カラーのプランターの逆側につぼみがありました。

苞がくるっとまいています。

雨の日でしたから、濡れそぼっています。

0410calla4 このつぼみの先端部を見ていて、私はまた妙なことを連想しました。

  このカラーの葉を食草にするガの幼虫がいるのです。

ビロウドスズメ(ビロードスズメ)です。

その、ビロウドスズメの幼虫のお尻の先端の突起が、このつぼみの先端とよく似ているなぁ、などと考えてしまいました。

ビロウドスズメの幼虫の写真は私のホームページで見ることができます。下がそれです。

http://homepage3.nifty.com/kuebiko/science/frends/frnds_24.htm

ただし、芋虫や蛇が大嫌いな人は見ない方がいいですよ。蛇そっくりの目玉模様をもった「かっこいい」幼虫ですから。でも、見てみると、よく似てます。

スズメガの仲間の幼虫たちは、みんなこういう尾端の突起をもっています。

http://homepage3.nifty.com/kuebiko/science/frends/frnds_31.htm
ここではセスジスズメの幼虫を見られます。

http://homepage3.nifty.com/kuebiko/science/frends/frnds_3.htm
http://homepage3.nifty.com/kuebiko/science/frends/frnds_5.htm
http://homepage3.nifty.com/kuebiko/science/frends/frnds_6.htm
ここではオオスカシバの幼虫が見られます。

この「かかしさんの窓」でも去年オオスカシバの幼虫をご紹介しました。

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_1415.html
ここです。

昆虫を見ても大丈夫な方はぜひご覧頂いて、カラーの花つぼみとスズメガの幼虫のお尻が似ている、という私の感想を確かめてみてください。

« クロアゲハ(翌日) | トップページ | カラー(Part2) »

植物」カテゴリの記事

コメント

フラワーパークかごしまでショクダイオオコンニャクが開花するそうです。

今の私には鹿児島まで旅をする体力がありません。実物をみたいですね。
写真をネット上に公開していただければ幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クロアゲハ(翌日) | トップページ | カラー(Part2) »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ