« タネツケバナ | トップページ | 恋をせんとや生まれけむ »

2008年3月25日 (火)

ナズナ(ペンペングサ)

0325nazuna1 こちらがナズナ。

やはりアブラナ科です。

なずな【薺】ナヅナ:アブラナ科の越年草。路傍や田畑にごく普通に自生。春の七草の一。高さ約30センチメートル。春、白色の小十字花を総状につけ、果実は扁平で三角形。早春若芽を食用。利尿・解熱・止血作用がある。ペンペングサ。<季語:新年>[広辞苑第五版]

花が終わりかかる頃には、子房が厚い板状になってきているのが分かります。

0325nazuna2

これが三味線のバチにたとえられる実ですね。

たくさん実のったら、先端から根本方向へゆるくかるくしごいてやると、このバチのついた茎が立ちますので、耳元でくるくる回すと、ぱちぱち音がします。子どものころよく遊びました。

「雑草のはなし」によると

「撫ぜたいほどかわいい」という気持ちを込めて「撫菜(なぜな)」と呼ばれて、そこから変化したとか、夏に枯れてなくなるので、「夏無」といい、それが変化したとも言われているそうです。

家が荒れ果てると「ペンペングサが生える」といいますが、ペンペングサも生えないというと、もっとすさまじい荒れ果て方のようですね。

« タネツケバナ | トップページ | 恋をせんとや生まれけむ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タネツケバナ | トップページ | 恋をせんとや生まれけむ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ