« 月に梅 | トップページ | やっと乗れました »

2008年2月18日 (月)

梅にメジロ

0215mejiro1 梅に鶯というのは、とりあわせのよいことのたとえ、だそうです。(広辞苑第五版による。)

まぎらわしい(などといっては鳥さんに失礼ですけど)のがメジロ。

体色は「鶯色」ですよね。梅に来て蜜を吸う姿、どうも鶯のような気がして、長らく混乱していたものです。

上の写真、下からの仰ぎ撮りなのではっきりはしませんが、目の周りの白いリング状の模様が見えると思います。というわけで、メジロさんなのでした。

0215mejiro2 一生懸命、蜜を吸っています。

この梅の木と歩道をはさんでエンジュがあり、そちらの実にはヒヨドリが来ています。互いに、好みがあるのでしょうね、メジロはエンジュのほうに行かないし、ヒヨドリは梅の花には見向きもしないようです。

0215mejiro3 このとき、梅に来ていたのはたぶんペアだと思いますが2羽のメジロでした。

せっかくですから、2羽一緒に写った写真も載せておきましょう。

ふと、視線を移すと、赤い実が目に入ってきました。

0215karasuuri ピンボケで写っているのは梅の花。

木の幹や枝が写っているのはサルスベリ。

枯れたつるにぶら下がっているのはカラスウリでしょう。

1個だけ、ぶら下がっていました。青い空に赤い実が映えていました。

« 月に梅 | トップページ | やっと乗れました »

植物」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 月に梅 | トップページ | やっと乗れました »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ