« アブのホバリング | トップページ | 多足類 »

2007年10月11日 (木)

イシムカデ

1005mukade0 部屋の中にムカデがやってきたので、ティッシュに乗せてプラスチックケースに移動。記念撮影をしました。

脚が15対あるようですのでイシムカデだろうと思います。

ウィキペディアから引用します。 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%82%AB%E3%83%87

ムカデ(百足・蜈蜙・蜈蚣)とは大顎亜門 ムカデ綱(=唇脚綱)に属する節足動物の総称。多足亜門(Myriapoda)を採用する分類体系も有力である。脚の数が多く、運動性に富む捕食性の虫である。英名のCentipedeはラテン語の百(centi)脚(ped)に由来する。

ムカデ類の体は頭部と歩肢の並んだ胴部からなる。頭部には1対の触角と口器がある。頭部の次の体節には、歩肢がなく、その代わりに顎の形になった顎肢がある。

歩肢の数は分類群によって異なり、イシムカデ目、ゲジ目の成体は15対、オオムカデ目では21又は23対、ジムカデ目では種によって異なり27対から37対、41対、47対などを示し多い種は100対を越し173対まである。発生による制約があるらしく、偶数対の歩肢対をもつ個体は稀な奇形である。最後の節には1対の尾脚=曳航肢と、改形類の雌では生殖肢がある。

では、もう一度じっくり観察してください。

1005mukade1 1005mukade2                   

右の写真では「顎肢」が比較的よく見えるのではないでしょうか。

頭の脇が膨らんだようにも見えますね。それが顎肢です。

    

 

腹側からの撮影も試みましたが、あまりいい写真は撮れませんでした。

1005mukade3

迫力ありますね。

ところで、ホームページの方でもムカデを扱ったことがありますので、よろしかったらお読みください。

http://homepage3.nifty.com/kuebiko/science/frends/frnds_1.htm
ここでは、家の前で死んでいたムカデを紹介しました。脚が21対くらい見えますので、オオムカデだったのかもしれないと思います。

http://homepage3.nifty.com/kuebiko/science/freestdy/Mukade.htm
ここでは「ムカデのジレンマ」を紹介しました。ムカデさんに足を動かす順番を訊ねたところ、ムカデは悩んでしまって歩けなくなった、というお話についてです。

私は、別にムカデ・マニアではありませんので、一緒に生活したいとは思いません。撮影後は屋外に放してやりました。生活圏が分離している限りは生存を妨げる理由は全くないので。

« アブのホバリング | トップページ | 多足類 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アブのホバリング | トップページ | 多足類 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ