« オシロイバナの花の色と遺伝 | トップページ | 椿の実 »

2007年9月 6日 (木)

イチモンジセセリ

828itimonjiseseri_2  この写真自体はもうすでに載せました。

今回は、追加記事です。

漢字で書くと「一文字」です。読めない字ですね。

白い紋が一列に並んでいるのですぐわかります。三角形で茶色なので、蛾と思われてしまうこともあるようです。素早く飛び回る、かわいい蝶です。

(蝶と蛾は実は区別しません。チョウ目(鱗翅目、Lepidoptera)として、蝶と蛾の仲間をまとめます。)

広辞苑第五版を引いて見ました。

いちもんじ‐せせり【一文字挵蝶】セセリチョウ科のチョウ。開張約3.5センチメートル。翅は黒褐色で、後翅にある白紋が一直線に並ぶ。時に大発生して、一定方向に飛ぶことがある。幼虫は稲の害虫で「つとむし」「はまくりむし」などと呼ばれる。

せせり‐ちょう【挵蝶】セセリチョウ科のチョウの総称。小形で、翅ハネは小さく、体は翅にくらべて肥大し、ガ(蛾)のように見える。イチモンジセセリなど種類が多く、多くは花の蜜を吸う。幼虫は葉を集めて中に生息。

せせ・る【挵る】他五 
 ①つつく。ほじくる。日葡辞書「クサキノネノツチヲセセル」。「歯を―・る」
 ②(小さな虫などが)くいつく。刺す。天草本伊曾保物語「蟻蠅がむらがつて―・るほどに」
 ③さぐりもとめる。あさる。日葡辞書「トリ(鳥)、ツチまたはイソ(磯)ヲセセル」
 ④もてあそぶ。からかう。

「せせる」という言葉の、どの意味なんでしょうね?「つつく」でしょうか?花を突っついている、ということかな?よくわかりません。

「晶子のお庭は虫づくし」をご覧ください。さすがですね。素晴らしい写真が見られますよ。(蝶の幼虫が苦手な方は見ないでください)

http://shoko.web.infoseek.co.jp/itimonziseseri1.html

« オシロイバナの花の色と遺伝 | トップページ | 椿の実 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オシロイバナの花の色と遺伝 | トップページ | 椿の実 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ