« 蚊 | トップページ | オシロイバナの花の色と遺伝 »

2007年9月 4日 (火)

アサガオの花いろいろ

P813asagao1 雨にぬれたアサガオの花です。

P813asagao2 中心部だけをアップするとこんな感じになります。

「光が湧き出す」ような感じが神秘的ともいえる雰囲気で好きです。

P815asagao 光の湧出感のすごく強い写真をどうぞ。

見慣れたアサガオの花のちょっと違った見方ではないでしょうか。

P815huasagao1

斑入りのアサガオもあります。オシロイバナの項目をもう一回立てて、トランスポゾンの話を少し詳しくしたいと思っていますが、動く遺伝子トランスポゾンというものがあります。色素をつくる酵素の遺伝子にトランスポゾンが割り込んで、その酵素を作れなくしてしまうと、色素ができないので花は白くなる、というのが、このパターンの斑入りアサガオのできる原因でしょう。

P815huasagao2

また中心部をアップして見ました。

    

     

P815huasagao3

この湧き出す光の中で、アリまでもがなんだか神々しく見えてくるような気がします。

    

   

P815huasagao4 斑の入り方にも別なパターンがあります。もし、この花にとっての本来の色が少し赤みがかった紫だったとしましょう。その赤紫の色素をつくる酵素の遺伝子にトランスポゾンが入り込んだのでしょう。ただ、この場合は、酵素が作れなくなるということにはならずに、酵素が作る色素分子の形が少し変わってしまうというように影響が出たのではないでしょうか。そのために、光の吸収波長が変化して右上のような、少し青みがかった紫の色素をつくる部分ができてしまったのではないでしょうか。これはあくまでも、私の推測にすぎませんので、ここを、「正しい理論」のように引用はしないでください。こんな推測もできるという話です。

P824huasagao

Pict822asagao1_2

Pict822asagao2

アサガオの花も毎朝、丹念に見ていると、飽きないものですね。見るたびに新しいことに気付きます。

  

  

最後に

Pict818asagaome

芽です。

かかしさんは、幼い命、それは植物であれ動物であれ、幼い命が自力で懸命に生き、成長していく姿を愛でることが好きなのです。

« 蚊 | トップページ | オシロイバナの花の色と遺伝 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蚊 | トップページ | オシロイバナの花の色と遺伝 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ