« しぶき | トップページ | クサギカメムシの幼虫 »

2007年9月28日 (金)

ガマの穂(追加)

 9/24付で「蒲(ガマ)の穂」というお話を書きました。その後、このガマの穂を、案山子庵の「理科おじさんの部屋」に遊びに来るU君と一緒に観察しました。その経緯を、ホームページに載せましたので、ご案内します。

 また、「ガマの穂綿にくるまれと・・・」という童謡の歌詞について、解釈を変更する必要が出ましたので、それも理科おじさんの部屋の方でお読みください。(簡単に言うと、雄花の花粉にくるまれ、ということでした。)

http://homepage3.nifty.com/kuebiko/science/103rd/sci_103.htm

こちらが「理科おじさんの部屋」第103回です。

大きめの写真もこちらで載せますので見てください。

右の写真が穂綿の単位です。左の先端が穂の外側の茶色い部分、少し中よりの茶色い部分が「種の入った実」です。

927gamawatage2 927gamawatage1

« しぶき | トップページ | クサギカメムシの幼虫 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« しぶき | トップページ | クサギカメムシの幼虫 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ