« 雹 | トップページ | 冬眠したヒキガエル »

2007年5月14日 (月)

茶毒蛾

512chadokugasazanka 5/12撮影。今年ももう発生が始まりました。ご用心下さい。

この写真は山茶花(サザンカ)の葉の上に密集している幼虫です。

ちゃ‐どくが【茶毒蛾】ドクガ科のガ。開張2(雄)~3(雌)センチメートル。年2回発生し、幼虫は茶・椿・山茶花の葉を食害。幼虫・成虫・繭には毒毛があり、人体がこれに触れると激しいかゆみと痛みを覚え、皮膚に赤い斑点を生ずる。幼虫を茶毛虫(ちやけむし)という。[広辞苑第五版]

512chadokugatubaki こちらは椿の葉に密集していました。

この幼虫の毛が皮膚につくと激しいかゆみをおこします。幼虫の生死にかかわらず、毛が問題なのです。

もし、毛がついたら、粘着テープを軽く転がして毛を取ったり、水流を当てて流すようにしたり、せっけんの泡を立ててから水で流したりしてください。こすってはいけません。その上で皮膚科のお医者さんにいって診てもらって下さい。かきむしることだけは避けて下さい。

« 雹 | トップページ | 冬眠したヒキガエル »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茶毒蛾:

« 雹 | トップページ | 冬眠したヒキガエル »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ