« スイートピー | トップページ | オオスカシバの羽化 »

2007年5月 9日 (水)

ブルーサルビア

509bluesalvia1 ブルーサルビアだと思います。

サルビア【salvia】シソ科の観賞用一年草。高さ約50センチメートル内外、葉は卵形。ブラジル原産で、園芸品種が多く、秋、穂を成して大きい濃紅・黒紫色などの唇形花を開く。緋衣ひごろも草。また、広くはシソ科アキギリ属(学名サルビア)植物。新旧両大陸の熱帯・温帯に分布し約700種。日本の山地にもアキノタムラソウなど数種がある。外国産の数種は香料・観賞用に栽培。[広辞苑第五版]

赤い花のサルビアはよく知っていますが、ブルーもかわいいです。

509bluesalvia2 セージ【sage】
①サルビアの英語名。
②アキギリ属(学名サルビア)の多年草。南ヨーロッパ原産の香辛料植物。高さ約90センチメートル。茎は四角く、基部は木質、葉には白毛があり葉面に細い皺がある。夏、紫色の唇形花を5~6層に輪生。葉は薬用とし、または香料としてソーセージなどに用いる。[広辞苑第五版]

知らなかったぁ。セージってサルビアなんですか。

1966~7年ごろですか、サイモン&ガーファンクルの「スカボロー・フェア」がヒットしました。私は10代の終わりごろ。{"Scarborough Fair"    (Simon And Gurfunkel)}

この歌詞に「Parsley,Sage,Rosemary,and Thyme」という部分がありますね。当時は、香辛料というか「ハーブ」というか、そういうものはまだあまり世の中にポピュラーではありませんでしたから、歌詞を耳で聞いただけでは、意味を理解していませんでした。

「パースリー、セイジ、ロズマリー、アンド、チャイム」と聞き取っていたように思います。

マリーとチャイムがどうかしたのかな、というような気分です。

意味不明のまま、何年も過ぎまして、やっと理解したのはもう20年くらいたってからではなかったでしょうか。パセリのことを「パースリー」というのだということを知って、一挙に全部ハーブの名前として了解できたのでした。そうだったのかぁと、我ながら恥ずかしくも納得したものです。

「セージ」がでてきて、つい思い出話になってしまいました。失礼。

« スイートピー | トップページ | オオスカシバの羽化 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルーサルビア:

« スイートピー | トップページ | オオスカシバの羽化 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ