« 子ぐも | トップページ | エニシダ »

2007年5月15日 (火)

ヒルザキツキミソウ

Hiruzakitukimisou1 「昼咲月見草」だと思います。

つきみ‐そう【月見草】①アカバナ科の越年草。北アメリカ原産。茎の高さは約60センチメートル。初夏、大形4弁の白花を日暮れから開花し、翌日の日中にしぼむと紅色となる。花後倒卵形の蒴果(さくか)を結ぶ。観賞用に栽培。つきみぐさ。[広辞苑第五版]

月見草は夜咲いて「月を見る」のですが、昼咲いて月を見るとなると、なんだか「新月」しか見られないような気分ですね。Hiruzakitukimisou2

牧野植物大図鑑によると

<引用>

ふともも目 Myrtiflorae、あかばな科 nagraceae、マツヨイグサ属、ヒルザキツキミソウ Oenothera speciosa Nutt.

北アメリカ原産の多年草。日本には観賞用に入って帰化した。高さ30~60cm。葉は短い柄をもち互生し,長だ円形で長さ5~8cm。縁に深い波形のきょ歯が並ぶ。初夏に茎先に白または淡いピンクの4弁,径5cmほどの花をつける。花弁の先端はややへこむ。さく果は長さ2~3cmで先はとがり,上半部の側面に8個のひれがある。

</引用>

とありました。

ところで、メシベが4つに分かれているのがお分かりでしょうか。

これは、マツヨイグサ属の特徴だそうです。

Hiruzakitukimisou3

« 子ぐも | トップページ | エニシダ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒルザキツキミソウ:

« 子ぐも | トップページ | エニシダ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ