« ハエの日向ぼっこ | トップページ | カマドウマの幼虫 »

2007年5月16日 (水)

狐の嫁入り

515tenkiame 5月15日、東京の南端に住む私の家の辺りでは、日中、強い雷雨がありましたが、3時頃にはもうあがっていました。

夕方、5時ちょっと前、ふと外を見ると、夕陽が射す中、雨が降っていました。天気雨です。前に雹の写真を撮ることが出来たので、この珍しい天気雨の写真が撮れないものか、とチャレンジしてみました。

スローシャッターでストロボが発光するようにして、ただひたすらシャッターを押してみました。あまりよい写真は取れませんでしたが、一枚だけお目にかけます。

写真左の家の壁に、夕陽の低い光線が当たっています。よ~く目をこらしてみると、木を背景に、短い光の筋が見えると思うのですが・・・、それが雨粒です。

自己満足的な写真になりました。すみません。

きつね‐の‐よめいり【狐の嫁入り】①狐火が多く連なって嫁入り行列の提灯のように見えるもの。②日が照っているのに雨の降る天気。浄、壇浦兜軍記「―のそばへ雨、晴らしていかう」[広辞苑第五版]

てんき‐あめ【天気雨】日が照っているのに降る雨。日照り雨。狐の嫁入り。[広辞苑第五版]

« ハエの日向ぼっこ | トップページ | カマドウマの幼虫 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211707/15089726

この記事へのトラックバック一覧です: 狐の嫁入り:

« ハエの日向ぼっこ | トップページ | カマドウマの幼虫 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ