2020年2月27日 (木)

Eテレ「0655」から:水滴レンズ

0213_11 2020.2.13 ①
「655」と書いた紙の上に、無色透明なプラスチックケースを伏せて置いてあります。
箱にスポイトで水を少量垂らす。水滴が盛り上がって平凸レンズをつくる。水滴は無色透明なのに、真っ黒な「影」ができている。どうしてでしょう?
0213_12
水が増えました。平凸レンズが少し平らになりました。そして水滴の影が大きくなりその中央付近が明るい。
0213_13
かなりくっきりと「0」ができました。で「0655」の出来上がり。

↓こんな図を描いてみました。
0224lens
一番上の横線の中に太い部分があります。これをレンズとします。
平行光線がレンズに垂直に当たります。
・左の数字で「1」の位置に紙があるとします。
BCとDEの部分には光が来ないので、暗い輪ができます。
CD間は明るい円になります。
・「2」の位置に紙が来ると、焦点の位置なので、レンズに入って光は一点に集まり、明るく輝きます。
・「3」の位置まで来るとbcとdeの部分が暗くなり、cd間が明るい円になります。
・ずっと離れて「4」の位置まで行くと。ghとijには、レンズの外側の光に加えてレンズ透過光の一部が重なりますので、ちょっと明るめの輪ができます。でhiは薄暗くなります。

とまあ、紙の位置によってこんな明るさの変化があるはずなのです。
さて、①の写真は「4」の極端な場合に相当します。水滴が盛り上がって焦点距離が短く、凸レンズで集光したはずですが、紙に対してはその光は分散されてしまってあまり届かない。周囲の方が明るいので、レンズの影ができます。
②から③へ。水位が黒い輪になっていますので「1」か「3」の状態のはずです。
水滴の直径が大きくなりながら、焦点距離が長くなっていくという過程で、「1」の位置関係をうまく使ったのではないか、と想像しますが。どうでしょう。

手元にあった凸レンズでちょっと観察。レンズは黒い枠にはまっていますので、水滴とは違いますが、そこは了解してください。実験は、紙に近い位置からだんだんレンズを遠ざけていくという過程です。
0213_22lens1
これは「1」の状態。
0213_22lens2
ほぼ焦点距離「2」。
0213_22lens3
「3」の位置関係。
0213_22lens4
「4」の位置関係で、レンズに周囲にぼんやり明るい輪ができています。

左手でレンズを持ち、右手でカメラを持ち、なかなか思うように撮れませんでした。
自分の眼で見る分には十分くっきり見えますよ。

子どもの頃、めくった日めくりカレンダーをもらって、虫眼鏡で太陽光を集光して黒い部分を焦がして遊んだことを思い出します。黒いところは焦がすことができますが、白い部分はなかなか焦がせません。白と黒の違いを体感したものです。

つむじ風

0210_7tumujikaze 2020.2.10
横浜市で観測された「つむじ風」です。
つむじ風は温められた空気が上昇する時に作る渦です。
「午後3時半ごろ」とありますね。晴天時、気温の一番高いころ。
比較的開けた広い場所で、空気が地面で温められて上昇しようとする。
でも、全面的に一気に上昇するのは無理です。
地面の温度むらや多少の凸凹などで、上昇しやすいところが生じる。そこへ弱くてもいいので、ちょっと横風が吹いたりすると、それをきっかけに狭い場所で渦を巻いて上昇気流ができるわけです。
というわけで、公園や学校の校庭などでも結構見かけることになります。
運動会でつむじ風が起こって、テントが飛ばされた、というよううなニュースはよく聞きますよね。
竜巻のような破壊力はありませんが、テントを吹き飛ばすくらいのことはする。近づかずに遠くへ離れてください。

コシロノセンダングサの実

0209_6sendangusa_ 2020.2.9
下にリンクした去年の記事。そこで扱ったコシロノセンダングサの実です。
線路柵内。風で飛ばされてきたポリ袋が背景になっています。
掃除したいけど、うっかり入ると電車が止まってしまいますから、手は出せない。
写真としては背景ができたので、実の形をシルエットでお目にかけることができました。
釣り針のカエシのようなトゲのある独特の形です。
もし今年も咲いてくれたら、きちんとした花の写真を撮りたいと思っています。

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2019/11/post-4781c1.html
2019年11月15日 (金)
キチョウ&コシロノセンダングサ(シロバナセンダングサ)

わぁ~い

0209_4biyouyanagi1 2020.2.9
ビヨウヤナギです。
擬人化したくなりませんか?
あったかくなってきたぞ、わぁ~い。とね。
0209_4biyouyanagi2
あちこちから「わぁ~い」の声が聞こえてきます。
突き当りの日溜り。気分も暖かい。

ツツジのつぼみ

0208_5tutuji 2020.2.8
カエデの木の下のツツジのつぼみ。
この株は大柄な花の咲く株です。残念なことに去年はほとんど咲きませんでした。
今「準備中」。今年は咲いてくれるかな。

0209_3tutujitubomi 2.9
こちらは濃い赤の小さめの花を咲かせる株。毎年たくさん咲きます。
今年もきっと玄関前で華やかに咲いてくれるでしょう。

桜桃

0207_16outou 2020.2.7
桜桃の冬芽です。まだ硬い。

0220_15outou1 2.20
わ、つぼみが顔を出していました。
0220_15outou2
うっすらピンクも見えたりして。
「予感」という状態。

0223_4outou 2.23
もうすぐです、といっていますね。
急ぐことはない、ゆっくりでいいよ、待ってます。

2020年2月26日 (水)

菜の花

0207_14nanohana 2020.2.7
三つ四つと咲きまして。

0213_18nanohana 2.13
子房とメシベが残ります。

0214_14nanohana 2.14
葉の量が足りないのではないか。緑も淡いし。
実を熟させるためには栄養が要る。栄養を作る葉が足りなければ、未熟のままに終わる。
気になります。背の低いまま花を咲かせましたが、どうも順調じゃないような感じです。

コギク

0213_15kogiku 2020.2.13
花弁がまだら模様になっています。

0215_8kogiku 2.15
同じ花。赤紫の部分が増えたようですね。
花として開花するということと、花弁の中で赤紫の色素を作るということの、協調がうまくいっていないのではないか。
季節ぎりぎりのせいで。

0218_10kogiku 2.18
花としての寿命が終わりに近づいているのだけれど、色素の合成はまだ続いているらしい。

0220_8kogiku 2.20
花として、もう終わりになります。

暖かければ、白く咲いてすぐ赤紫になるとか。あるいはつぼみの中で赤紫の色素を十分に作ってから、赤紫の花として開花するとか。そんな感じじゃないのかな。
冬がまともに到来せず、妙に暖かいままに2月になってしまって、植物の活動の協調性が狂ったのではないか、と感じています。
なんだかなぁ。春へ向かって、これからどうなっていくのでしょうか。

ナミホシヒラタアブ

0207_11namihosihirataabu 2020.2.7
虫さんがいると、気分が浮き浮きします。ハエ目はタフだもんな。
陽光を背中から受けていました。見ている私もなんだかほっこりした気分になりました。

ベニバナトキワマンサク

0207_10benibanatokiwamansaku1 2020.2.7
ベニバナトキワマンサクです。
腋芽というのかな、葉柄の付け根にずらっと「芽」があります。
0207_10benibanatokiwamansaku2
これ葉芽なのか、花芽なのか。
今の時期に葉が落ちずにほぼ全部ある、というのも、そうだったっけ、と。わからない。
下にリンクした2019年の記事では、葉はないようです。2018年の開花の記事では葉があるみたい。
混乱しています。

0222_7benibanatokiwamansaku 2.22
葉芽のようですね。葉芽がさらに花芽を包んでいる可能性もないわけじゃないけど。
近所のマンションの植え込みに親の木がありまして、剪定の時期に枝を頂戴してきて挿し木して、やっと成功したという木です。今年はずいぶん成長しましたので、花も楽しみにしていますが。
さて、どうなっていくのやら。

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/post-5f5c-1.html
2019年3月11日 (月) ベニバナトキワマンサク

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/post-9af8.html
2018年4月12日 (木) ベニバナトキワマンサク:2

«スイセン

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ