2017年3月27日 (月)

ムベ

0311_2mube 2017.3.11
葉芽が弾けたところですね。

0318_5mube1 3.18
一週間後。いろんな成長段階の葉がありました。
0318_5mube2
まだ若い。
0318_5mube3
そして大人。
0318_5mube4
右の方のは、つぼみですかねぇ。
よくわかりません。花期は4月から5月、と思います。
素敵な花ですよ、じっくり待ちましょう。

ツマグロヒョウモン・モンシロチョウ

0310_18tumaguro1 2017.3.10
ツマグロヒョウモンが羽化したので放しました。2匹ともメス。
露出を合わせている暇はない。
0310_18tumaguro2
飛んだ!
翅を打ち下ろした状態が写っています。
0310_18tumaguro3
ちょっと止まってくれた方のアップ。
0310_19monsiro
モンシロチョウも放したのですが、いつになく迫力のある姿が撮れました。
にぎやかです。
そのうち幼虫たちが「お世話になりま~す」と現れてきますよ。
春だなぁ。

ハコベ

0310_17hakobe1 2017.3.10
塀の外側、街路灯が設置されている電柱の足元近くの割れ目です。
比較的日当たりはいい場所です。ここで咲くのは珍しいかな。
これを待っていたんですよね。まだかなぁまだかなぁ、と。
0310_17hakobe2
花弁は5枚ですが10枚に見えるのがまた面白い。

はこべ【◎●・繁縷】
ナデシコ科の越年草。山野・路傍に自生、しばしば群生する。高さ15~50センチメートル、下部は地に臥す。葉は広卵形で柔らかい。春、白色の小5弁花を開く。鳥餌または食用に供し、利尿剤ともする。春の七草の一つ。あさしらげ。はこべら。
広辞苑第六版より引用

◎は「草冠に『繁』」です。●は「『縷』の旁に草冠」です。
すごい字ですね。
昔、子どもの頃、小鳥を飼っていたことがあって、よく近所の草地へこういう草を採りに行きましたっけね、思い出しました。

0311_8hakobe1 3.11
庭でも咲きました。
0311_8hakobe2
うれしいな。

0323_15hakobe 3.23
線路柵の中。白いのは開きかけたハコベでしょう。
近寄れないので、目いっぱいのズームで。
いずれ続報をかきます。

スノーフレーク

0310_15snowflake 2017.3.10
家の前・突き当り・柵の中。日当たりが悪い。
この花も下向きに咲きますね。
花の正面顔を見るには手を添えなければならない。
声をかけたらこっち向てくれないかな。
「ねぇムーミン♪」

ハナニラ+タカラダニ

0310_13hananira 2017.3.10
何気なく撮ったハナニラ。
パソコン上で見たら赤い点がある。多分タカラダニでしょう。
コンクリ上を走る姿はまだ見ていませんが、花の花粉を食べに来ている姿を何度か見かけました。
どのようにして花を探り当てるのでしょうね。ダニのサイズからすると花なんてとてつもな高く大きなものであるはずですが。やはり「匂い」ですか?

オオイヌノフグリ

0310_12ooinunohuguri1 2017.3.10
割れ目に進出してきたオオイヌノフグリが元気です。
おかげさまでじっくり眺めることができる。
絶え間なく花を咲かせていますので、そのうち実もじっくり見られると思います。
ここなら実の写真も撮りやすい。

マメカミツレ

0310_11mamekamiture 2017.3.10
枯葉の積もった間から、これは、マメカミツレのようですね。
ここへ播いた気はない。勝手に来たのかな。
鉢に新しい土を入れた時に、前の土をこの辺にあけたかな。無意識に連れてきた可能性もありますね。
いいよ。どんどんふえて。

ヒラタアブ

0310_10hirataabu 2017.3.10
アリッサムに来ていた小さなアブ。
ヒメヒラタアブだと思うのですが。
腹部背面の模様ぼんやり見えているようなのですが、縞模様じゃないみたいな。
悩んでいます。でもまあ、多分ヒメヒラタアブでいいと思います。

2017年3月24日 (金)

ショートケーキの日

★妻に教えられたのですが、毎月22日はショートケーキの日なのだそうです。笑ってました。
ん?なんでだ?記念日かい?
カレンダーを見ればわかるわよ。
22日の真上は必ず15日でしょ。「15=イチゴ」が乗っているのよ。
なるほどなぁ。
調べて見たら
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%AD

ショートケーキの日
近年、日本の菓子業界の一部において、毎月22日を「ショートケーキの日」として宣伝していることがある。
2007年に仙台の洋菓子店「カウベル」が発案したものが広まったというのが通説で、一般的な7日を1列に配置しているカレンダーにおいては、22日の真上に15日が位置しており、日本において一般的なショートケーキのイメージである「イチゴ(=15の語呂合わせ)が上に乗っている」との連想からであるという。

ふ~ん。

カレンダーの算数、ってよくありますよね。ちゃんと説明しようとすると結構厄介なの。
今月のカレンダー(表示がずれてたら手元のカレンダーを見てください)
               1   2   3  4
5   6    7  8   9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

5+6=11
12+13=25
5+13=18
6+12=18
日曜+月曜=土曜(ひと月をはみ出さないようにね)

((前の週の今日)+(次の週の今日))/2=今日

1+9+17=27
2+9+16=27
3+9+15=27
8+9+10=27
縦横斜めの和が同じ。

周期性とか余りとか、いろいろ考えてください。

クサボケ

0310_3kusaboke 2017.3.10
池の向こう側。こういうアングルしか私にはないのですが、きれいだ。
鉢植えで玄関脇に置いてあった時代より花の量が増えたようです。
きっと根を大きく張ったのでしょう。
狭い庭は「ジャングル」状態なんですけどね、まあいいさ。

«ヒキガエル出現

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ