2019年8月19日 (月)

Fluctuat nec mergitur

★タイトルの意味は後程説明するとして。
↓下の記事で、「安定・不安定」について触れました。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-31cfdc.html
2019年8月 5日 (月) 7月の気温など(東京)
・・・
地表から上空まで通常の気温分布であって、乾燥した空気が上昇したのなら、上昇で膨張した空気は温度が下がり、やがて周囲との温度差がなくなって、上昇が止まる。こういう状態を「安定」といいます。外部からの擾乱に対して揺り戻しがきくのが「安定」。ところが、暑く湿った空気が膨張して冷えると水蒸気が液化します。液化の時に熱を出すし、周囲が寒気で冷たいとなれば、上昇が止まらなくなります。このように、一旦動き始めたら止まれなくなる、というのを「不安定」というのです。
・・・

安定というと「ただどっしりとして動かないこと」のように考えがちですが、外部からの擾乱に対して揺り戻しがきくのが「安定」という感覚もぜひ養ってほしいのです。

↓参考
https://www.metsoc.jp/tenki/pdf/2012/2012_02_0135.pdf
安定と不安定  廣田勇

・・・
「安定・不安定」とは,「あるシステムに外部から何らかの力が加えられたとき,それを現状に引き戻すことが出来るか否か」という見方捉え方のことです.日常的な社会用語では,かなり漠然とした(定量的でない)判断基準でこの言葉が使われますが,これを自然法則に基づいて厳密に定義するのが科学用語の安定・不安定(stability,instability)という概念です.夏目漱石の『吾輩は猫である』に,寺田寅彦をモデルにした水島寒月という理学士が登場し,主人公の苦沙弥先生からいま何を研究しているかと訊かれて,「団栗のスタビリチーを論じて併せて天体の運行に及ぶ」という論文を書いた云々の返事をする場面が出てきます.漱石は寅彦を通して物理学の素養を深めていたようで,力学的安定という概念のみならず,ラプラスが『天体力学』のなかで太陽系惑星の軌道運動が摂動に対して安定であることを証明したことも知っていたに違いありません.物理学の立場から安定性の概念が使われている点では気象学もその例に漏れません.本文の冒頭に述べた「大気が不安定」というのは,実は日常語ではなく,厳密な気象学用語なのです.
・・・

{引用文中にあるように、太陽系は安定かどうか、議論があったのです。神が時々手入れをしないと太陽系は崩壊するのではないか、という考えもあったのです。ここではこれ以上立ち入りませんが。}

★気象の話やらなにやらごちゃまぜですが、どうかお付き合いください。

朝日新聞の連載コラム「折々のことば」を引用します。

折々のことば:1475 鷲田清一(2019年5月28日05時00分)
 Fluctuat nec mergitur
 (パリ市の紋章から)
     ◇
 ラテン語で「揺れども沈まず」という意味。国家や都市はしばしば船に喩(たと)えられるが、パリも古くからその紋章に帆掛け船をあしらい、この句をモットーとして掲げてきた。アンヌ・イダルゴ市長も先のノートルダム大聖堂の火災時に、パリ市民に、何としてもみなでこの「痛み」から立ち直ろうとツイッターで呼びかけ、この句を引いた。ちなみに、彼女はスペイン出身で、パリで初めての女性市長。

これが今回の記事のタイトルなのです。
「たゆたえども沈まず」ともいうのかな。

ラテン語なのですが、ヨーロッパの言語というのは、ギリシャ語やラテン語を共通の語根として持つことが多い。
英語で、対応する言葉を探してみましょう。

fluctuate
►vt, vi 波動する;動揺する[させる];〈相場・熱など〉変動する,上下する〈with〉
・fluctuate between hopes and fears 一喜一憂する.
[L (fluctus a wave〈fluct- fluo to flow)]
リーダーズ英和辞典第3版より引用

submerge
►vt 水中に入れる,沈める〈in, under〉;水没[浸水,冠水]させる;〈感情などを〉おおい隠す.
►vi 沈降[潜没]する,〈潜水艦などが〉水中に沈む,潜水[潜航]する (opp. emerge).
リーダーズ英和辞典第3版より引用

{sub は「下へ」ですね。subway, submarine などでわかります}
これだけ並べたてると「揺れるけれども沈まない」という意味が見えてくるでしょ。

★おもちゃで
0815_2balance
これ竹細工のトンボ。とんがった口が、直径2mmあるかなしかの小さなくぼみに入っていて、そこを支点にして揺れ動く一種の「やじろべえ」です。そばを人が通ると揺れるくらい敏感ですが、そうそう落っこちるものじゃない。
「揺れるけれども落っこちない」のです。
重心が支点より下にあると傾いても復元できるんですね。
0816_2yajirobee これも「やじろべえ」の一種。馬に乗った人の爪先が支点です。馬の脚先の重りが重心を支点より低くしています。

★船の場合でいうと。
船全体の「重心」と、船の水中部分に働く浮力の中心「浮心」との位置関係で復元力が働きます。
ヨットなんか重いキールというのををつけて重心を下げてますね、ですから波に引っくり返されても復元できるのです。
「揺れても沈まない」という「復元力」を英語では stability といいます。日本語の感覚では「スタビリティ」というと「安定性」という感じがしますけど、同じ語なのです。

スタビリティー【stability】
①安定(性)。すわり。
②船などの復原力。
広辞苑第六版より引用

↓参考サイト
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A9%E5%8E%9F%E6%80%A7
復原性

http://www.meiwakaiun.com/meiwaplus/tips/tips-vol02/
復原力(STABILITY)ってなんだろう?

やじろべえ【弥次郎兵衛】‥ヱ
(振分け荷物を肩にした弥次郎兵衛の人形を用いたからいう)玩具の一つ。短い立棒に湾曲した細長い横棒を付け、その両端に重しを取り付けたもの。指先などで立棒を支えると、釣合をとって倒れない。与次郎人形。釣合人形。正直正兵衛。
広辞苑第六版より引用

★オマケ:Cg とかCbとかいう記号が出てきたら
重心:center of gravity
浮心:center of buoyancy
に由来します。

ヤマトシジミ

0726_2yamatosijimi
ランタナに来たヤマトシジミ。体の大きなクマバチは蜜に届くかなと心配しましたが、ヤマトシジミなら体は小さいけれど口吻が長い。おそらく蜜のあるところまで奥深く口を伸ばせるでしょう。
存分に味わってください。

アオスジアゲハ

0725_19aosujiageha 2019.7.25
日を浴びて逆光。翅の白い模様が輝いていました。
子どものころは憧れのチョウでした。あの当時は東京辺りでは繁殖できなかったんじゃないかな。今は北上してきて、東京でどんどん繁殖していますけど。

0727_13aosujiageha 7.27
テラスで休んでいたアオスジアゲハ。
家で飼育していますので、あちこちいっぱいチョウが飛ぶ。アゲハ、アオスジアゲハ、ツマグロヒョウモンなど。うちの子たちに囲まれています。名前が長いので愛称で呼びます。「アゲハちゃん」「アオちゃん」「ツマちゃん」とね。

0728_2aosuji1 7.28
湿って黒っぽい路面にアオちゃんがいました。
0728_2aosuji2
吸水できると思ったのかもしれません。
アオスジアゲハの吸水というのは結構有名です。でもなぁ、ちょっと湿り気が足りないような気がしました。

0729_10aosuji 7.29
これは羽化して体が固まって、さあ飛び立つぞという直前。
他のチョウに比べてアオちゃんは羽化時の失敗が多い。
で、羽化が間近になって、蛹の色が変わってきたら、蛹の両側にティッシュペーパーを垂らして、足場をつくってやります。
蛹から出てすぐ歩いちゃうのですね。他のチョウは、自分が出た脱け殻に長時間つかまって体を固めることが多いのですが。

羽化した場所の記憶がきっと少しはある、だから家の周囲を「うちの子」が飛ぶようになります。

オンブバッタ&キマダラカメムシ

0725_12onbubattahousenka 2019.7.25
ホウセンカで見かけたオンブバッタ。穴を開けた責任者は君かい?
0725_18kamemusi_onbubatta1
スイレンの葉の上に2種の昆虫。右はもちろんオンブバッタ、左はキマダラカメムシです。
0725_18kamemusi_onbubatta3
オンブバッタはごく普通の状態だと思います。分厚い葉をかじる気でしょうか。
0725_18kamemusi_onbubatta2
キマダラカメムシの方が気にかかる。何となく元気がない。敏捷なカメムシなんですが。
よく見ると、体の後端部が欠けてますね。鳥に襲われたか。
もともと昆虫はかなり長い絶食に耐えられますから、すぐ死んじゃうということもないでしょうけれど、元気になるわけにはいかないでしょうね。厳しい世界です。我が身にも、堪えるな。

イチモンジセセリ

0725_11itimonjiseseri1 2019.7.25
これから頻繁に見かけるようになると思います。
この時まではまだほとんど見ていなかったので、嬉しかった。
大きな黒い目、パンクな頭がかわいい。
0725_11itimonjiseseri2
茶色いので、ガと思われて嫌われることもあるようですが、可愛らしいチョウです、じっくり鑑賞してください。

クマバチ

0725_10kumabati1 2019.7.25
クマバチがランタナに来ていました。蜜を吸おうと花に顔を突っ込んでいます。
0725_10kumabati2
一生懸命なのですけどね。
0725_10kumabati3
蜜のある場所まで届いているかなぁ。
ランタナの花は見かけは小さいけど深いから。
口吻の長いチョウの方が有利。
大柄なクマバチには、フヨウとかタチアオイなどの大きくてオープンな花の方がよさそうに思います。
クマバチは大きくて羽音もブンブン大きいので怖がられたりしますが、行動を見ているとどこかに可笑し味を感じます。
攻撃性は低いので、こちらからちょっかいを出さない限り「襲われる」なんてことはありませんので、泰然と見ていれば大丈夫ですよ。

2019年8月16日 (金)

最低気温の最高記録更新

↓あまり更新してほしくない記録が出ました。

時事ドットコムニュース
最低気温が31.3度=新潟・糸魚川で最高記録更新-気象庁
2019年08月16日09時34分

 台風10号の影響によるフェーン現象で14日から15日にかけて記録的猛暑が続いた北陸では、15日の最低気温が30度を下回らない所があった。気象庁によると、新潟県糸魚川市では15日の最低気温が午前5時17分に観測した31.3度となり、全国統計史上、最も高い記録を更新した。
 最低気温の過去最高記録は、糸魚川市で1990年8月22日に観測した30.8度だった。
 糸魚川市以外で15日の最低気温が30度以上だった地点は、新潟県の佐渡市・相川で30.8度、上越市・高田で30.3度、三条市で30.2度、石川県小松市で30.0度。
 高田は14日の最高気温が40.3度、三条市は15日の最高気温が40.0度だった。

糸魚川のこの日の最低気温と最高気温は
  最低気温(℃) 31.3  05:17
  最高気温(℃) 36.2  12:40
こうでした。最高気温も猛暑日だしなぁ。「最低気温が30℃以上の日」というのに名前を付けなきゃならないほど、常態化してきましたかね。いやだいやだ。熱帯夜の上だとなんだろう?「激熱帯夜」「超熱帯夜」?{昔の女子高生言葉を思い出すな。ついでに「鬼熱帯夜」ってぇのはどんなもんだろう。昔の高校教師のつぶやき。}

↓気象庁のサイトで、最低気温の記録、というのを見たら
https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/rankall.php
最低気温の高い方から (各地点の観測史上1位の値を使ってランキングを作成)
順位 都道府県 地点 観測値 現在観測を実施
℃ 起日
1 新潟県 糸魚川 31.3 2019年8月15日 ○
2 新潟県 相川 * 30.8 2019年8月15日 ○
3 福岡県 福岡 * 30.5 2018年8月22日 ○
4 東京都 東京 * 30.4 2013年8月11日 ○
5 新潟県 高田 * 30.3 2019年8月15日 ○
〃 石川県 小松  30.3 2000年7月31日 ○
7 新潟県 三条   30.2 2019年8月15日 ○
〃 富山県 上市  30.2 1997年8月9日 ○
9 富山県 富山 * 30.1 2000年7月31日 ○
10 長崎県 口之津 30.0 2017年8月5日 ○
〃 福井県 越廼  30.0 2000年7月31日 ○
(*印の地点は気象台等です)

ここで、昨日の小松市の30.0℃が載っていないのは、小松市には30.3℃という記録があるからです。
思い出しますよ、東京でもあったんですよ、いつだったかは忘れていましたが2013年8月11日ですって。
で、5年連用日記を引っ張り出してみたら

2013年8月11日
 猛暑日8回目38.3℃・・・24時間30℃を下回らず、138年間で初めてとか。{12日記:これを挟んで約43時間30℃を下回らず}
2013年8月12日
 猛暑日9回目35.3℃。39.5℃を記録した2004年7月20日の日記を見たら「地獄日」と呼びたいと書いてあった。「地獄夜」もいいかな。・・・四万十で41.0℃を記録。・・・

トホホな記述が残っておりました。「焦熱地獄」とか「炎熱地獄」というのがありますからね、「地獄夜」かぁ、ため息が出ますね。

20190815itoigawa
グラフを作りました。怖いような記録ですね。マイッタナ。

平年気温の山は越えつつありますが、暑さはまだ続くようです。
皆様、どうぞお体を大切になさってくださいますよう、お願い申し上げます。案山子拝。

アオドウガネ

0723_13aodougane1 2019.7.23
アオドウガネを見つけたのでちょっとつまんで指先につかまらせて撮影。
T字形の交差するところに、三角形がありますね。これが小盾板です。マルカメムシの記事の時に、鞘翅のように見えるのは小盾板の発達したものだと書きました、あれです。
で、アオドウガネの小盾板は少し丸みを帯びた三角形。これが鋭い三角形だったらカナブンです。
0723_13aodougane2
こんな顔してます。葉を食い荒らすのですが、憎めない顔つきですよね。
0723_13aodougane3
ふさふさした毛がまた特徴です。
ちょっと放り投げてやったら、空中で翅を開いて飛んでいきました。

★昔話:小学生のころ。カナブンやアオドウガネをつかまえると、手に持って思い切り路面にたたきつけるんですね。ボール投げの下手なやつがやると、スピードが遅いので、途中で翅を開いて飛んで逃げる。ボール投げのうまい肩のいいやつが投げると、路面にあたるまでの時間が短くて翅を開く間もなく激突して死んでしまう。これがガキたちの肩くらべだったんですね。
今なら母親が青くなって、ナンテ残酷なことを、と禁止するだろうけど。昔のガキはこんなこともしながら昆虫の性質や能力を学んだのです。

ヤブラン

0725_8yaburan2 2019.7.25
白いつぼみが穂のように並びました。
庭には3株くらいあるようです。

0806_2yaburan2 8.6
ちょっと奥の方、私には接近できない場所。
早目に紫がかってきました。

0810_4yaburan1 8.10
腰をかがめるのは辛いので、立って見ているだけですが、花が咲いているようですね。
0810_4yaburan2
見っけ。なかなか意図的に花を撮るのは難しくって。また試みては見ますけど。

↓ここから「写真集」に入ってください。花のきれいな写真が見られます。
https://www.hana300.com/yabura.html
薮蘭 (やぶらん)(山菅(やますげ))

↓このサイトの写真はいつも素晴らしい。どうぞ。
https://matsue-hana.com/hana/yaburan.html
ヤブラン(藪蘭)

白髭咲きアサガオ:2

0724_1sirohige1 2019.7.24
朝のベランダ。周囲には開花したのもいっぱい。ということは、この花は開こうとしてうまくいかなかった、という状況なのでしょう。この後をフォロウしてませんので、どうなったことやら。
0724_1sirohige3
つぼみのくせにヒゲだらけ。ヒゲの薄い爺さんとしては羨ましいぞ。

0725_1sirohige 7.25
咲けばこうなって、ヒゲもじゃの白髭咲き。名前にふさわしい。

私、ヒゲの薄い性質でして、頬髭なんかまったくない。かろうじて口髭と顎髭がちょぼちょぼ。まるでカビが生えたようだと言われるのですが。すべての社会的仕事から引退した後、なんかこう「遊び」たくなって、口髭を生やしてみました。70歳超えて、歳ですねぇ、口髭がかなり白くなりまして「白髭ちょぼ爺さん」になっています。「白髭咲き朝顔」とお友達です。

«白髭咲きアサガオ:1

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ