2017年4月28日 (金)

スイートピー

0413_40sweetpea1 2017.4.13
いろんな花が咲きます。
0413_40sweetpea2
妻は気に入った花を咲かせている株にタグをつけて、種子を採取します。
でもねぇ、ハチやアブが授粉してくれていますからね、交雑する。
遺伝的多様性の確保ですね。
ということで、来年同じ花に出会えるかどうかはわからない。それが当然、それが楽しみ、でもあるのですが。
F1じゃないですものね。

どうなっているのか?

0413_35musi 2017.4.13
ツツジのつぼみのところに黒いもの。
よく見ると昆虫。ハチかな、と思いますが。
まるっきり動かない。どうも変だ。
蜜を飲んでいるのでもなさそうだし、蜜の粘り気から脱出できないというのでもないと思う。
これ、死んでしまったのかな。
なんで?
状況がよく理解できないのでした。

★話はちょっと違うのですが。レンゲツツジの蜜は有毒だ、というお話↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%84%E3%83%84%E3%82%B8

レンゲツツジ
全木にジテルペンのグラヤノトキシン( grayanotoxin )[1]、ロドジャポニン( rhodjaponine )などの痙攣毒を含み、呼吸停止を引き起こすこともある。牛や馬にとっても有毒なため(ウマツツジ、ベコツツジの別名はこれらの動物に害を与える事から)食べ残すので[2]、レンゲツツジの群生地になっている牧場も多い。花には蜜があり子供が吸う場合があるが、摂取させるのは非常に危険である。トルコ産蜂蜜での中毒例が報告されている[3]。このため、日本の養蜂業者はレンゲツツジが自生している所では蜂蜜を採集しないか開花期を避けるなどしている[4]。

花の蜜を舐めると甘い、と口にしがちですが、注意した方がいいです。

花はきれいで優しい、植物は優しい、なんて思いこまない方がいいですよ。
動けない植物が、生存し繁殖するために動物に対して「生理的な活性」のある物質をつくって動物に対抗したり動物を利用したりします。
生理活性があるということは、毒であることが多い。だからこそ使い方によって薬にもなる。
生理活性がなければ、それこそ「毒にも薬にもなりはしない」のです。
お間違いなく。

伸び伸び

0413_29onitabirako 2017.4.13
前にも同様の姿をお目にかけました。
ツツジの植え込みから隙間を縫って伸び上がってきたオニタビラコ。密蔵院前。
0413_30yaemugura
ぐんぐん伸びあがってきたヤエムグラ。
下の方は暗かっただろうに、発芽して、明るい方へ明るい方へと頑張って伸びてきたのでしょう。
機に臨んで変に応ず。動物のように歩き回るわけではないですが、状況に対して柔軟に対処する能力を持っています。

塀際

0413_25heigiwa1 2017.4.13
左にカタバミ、右にポピー。
さて真ん中のは何だろう?
ハゼランかもしれないな、とは思いますが、花が咲いてみないとわからない。
ゆっくり成長してください。

0413_25heigiwa2
繁っているノゲシ。
花の期間がずいぶん長くなってきましたね。よほど居心地がいいのに違いない。よかった。

オランダミミナグサ・フラサバソウ

0413_22oranda_frasaba 2017.4.13
こういう微細な花に目を止めていただけると嬉しいのですが。
一般的には「純然たる雑草」です。園芸とは程遠い。
でもなぁ、花としては園芸種と何ら変わるところはない。
ぜひ、下を向いて歩いてください。きっとどこかで出会えます。

スミレ

0413_21sumire 2017.4.13
外に出してあるチロリアンランプのプランター。
スミレが生えてきて咲いています。
チロリアンランプの花が3つほど落ちている。
この高さが、保育園児の目にはちょうどよかったらしい。
しゃがみ込んでこの辺りを見ているなぁ、と思って、昼に行ってみたら、これですね。
赤い花と紫の花、喜んでくれてうれしい。
形も色も異なるものを「お花だ」と一つの概念に包みこんでしまう能力って、考えてみるとすごいものですよね。

ナズナ

0413_8nazuna1 2017.4.13
ナズナの繁る家、になりました。
0413_8nazuna2
モデル生物として有名なシロイヌナズナとはどういう関係なのでしょう。
ナズナに「もどき」のような意味の「イヌ」がついて、更にシロが追加されたのでしょう、想像するに、多分。

Wikiによると

目  :   アブラナ目 Brassicales
科  :   アブラナ科 Brassicaceae
属  :   ナズナ属 Capsella
種  :   ナズナ C. bursa-pastoris
学名:Capsella bursa-pastoris (L.) Medik.
和名:ナズナ
英名:shepherd's purse

目  :   アブラナ目 Brassicales
科  :   アブラナ科 Brassicaceae
属  :   シロイヌナズナ属 Arabidopsis
種  :   シロイヌナズナ A. thaliana
学名:Arabidopsis thaliana
和名:シロイヌナズナ(白犬薺)

同じアブラナ科ですが、属のレベルで違うものでした。
思うに、ワタシ、シロイヌナズナは見たことがない。多分。
「多分」が多いなぁ。

ハナモモ(多分)

0413_5momo1 2017.4.13
妻が撮ってきました。時期的に梅や桜じゃないだろうし。
モモかハナモモでしょう。
0413_5momo2
陽射しに浮き上がっています。
0413_5momo3
白い花というのはどうも、やっぱりハナモモかな。と、思いますが。
白い花の写真は難しい。これはかなりうまく撮れたものだと思います。

アケビ

0413_3akebi1 2017.4.13
アケビの花です。
0413_3akebi2
左下が雌花、バナナ状のは雄花です。
しっかり記憶していないもので、見るたびにびっくりします。
最初の時も教えていただいたんでしたね。
なんというのか、見応えのある花です。

ドウダンツツジ

0413_2doudantutuji1 2017.4.13
真っ白、すごいですね。妻の撮影。
0413_2doudantutuji2
かわいい花です。
でも、普通のツツジの花とはずいぶん違いますね。ツツジ科ですよね。
↓調べて見たら
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%A6%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%84%E3%83%84%E3%82%B8

ドウダンツツジ
目  :   ツツジ目 Ericales
科  :   ツツジ科 Ericaceae
亜科:   ドウダンツツジ亜科 Enkianthoideae
属  :   ドウダンツツジ属 Enkianthus
種  :   ドウダンツツジ E. perulatus
学名:Enkianthus perulatus(C.K.Schneid., 1911)
和名:ドウダンツツジ

やっぱりツツジ科なんですね。花の姿ではわからないなぁ。
植物の分類は難しいなぁ。

«ジュウニヒトエ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ