2017年2月22日 (水)

水泳と渦

↓ここで、昆虫の飛翔と渦の話をたくさん引用しました。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/post-ebd9.html
2017年2月17日 (金)「小翅片」

昆虫が飛ぶ、という行動では、人間の作る飛行機と違って、渦が重要だ、ということです。
で、思い出したのですが、人間が粘っこい流体の中で行動するとなると、水泳ですよね。
ほぼ1年前の記事を思い出して、引っ張り出してきました。

↓これは東京工業大学のプレス発表資料の一部です。

水泳と渦
東京工業大学 Tokyo Institute of Technology
東工大ニュース
S字ストロークか?I字ストロークか?―最適クロール泳法のメカニズムを解明―
2016.01.15
研究成果のポイント
    競泳自由形の泳法に関して、最適な泳法とその推進力発揮メカニズムの解明を試みました。
    S字かI字か、腕のかき方にまつわる論争解決に向けて、最新流体計測解析技術を応用しました。
    目的(効率or速度)によって最適泳法は異なり、渦の作用がキーポイントであることが判明しました。

概要
 国立大学法人筑波大学 体育系 高木英樹教授、国立大学法人東京工業大学 大学院情報理工学研究科 中島求教授らの研究グループは、最先端の流体計測解析技術をヒトの水泳運動、特にクロール泳に適用し、最適なクロール泳法の探究とそのメカニズムの解明に取り組みました。
 競泳界では長年にわたって、曲線的に水をかく(S字)のと、直線的に水をかく(I字)のとでは、どちらが速く泳げるのか、論争が続いてきました。本研究では、水泳の流体力学に関する、国内外の最新の計測・解析データから、最適なクロール泳法について多角的に議論しました。
 結果として、中長距離で効率(より少ない身体発揮パワーで推進力を得る)が求められる状況では、S字でかいた方が良く、短距離で効率より速度が重視される場合にはI字でかいた方が良いとする見解が得られました。また、2つの泳法は推進力発揮メカニズムが異なり、S字ストロークでは手の向きが変わる局面において、渦対の発生により非定常揚力が発揮され、I字ストロークでは、直線的に移動する局面において、カルマン渦の放出により抗力が発生することが明らかとなりました。
 本研究により、2つのストロークパターンに関して、特に渦の発生過程の違いがそれぞれの推進力発生メカニズムに大きく影響していることが世界で初めて明らかになりました。渦の発生等により瞬間的に発生する力は非定常流体力と呼ばれ、昆虫や鳥類の飛翔研究においてそのメカニズムが解明されてきましたが、ヒトの水泳運動においても同様の現象が出現することは、これまでの準定常状態を想定した推進理論と大きく異なるもので、重要な発見と位置づけられます。
 ・・・(後略)

Crawl
私は省力泳ぎですから、S字ストロークです。30分かけて1000m泳ぐ。
たまにI字ストロークを試みますが、100m位しか持ちませんね、息があがってしまう。筋肉量が少ないんです。老人ですから。
以前から、S字ストロークで、掌で作った渦を足先の方へ送りだす、というイメージで手をかいています。
う~む。虫さんと友達なんだなぁ。

I字ストロークは、ある意味でボートのオールです。オールの平らな面を、かく方向と垂直に保ちますね。
S字ストロークは、渦を作るような動作と、掌を翼面のように動かして、揚力=推進力を得るスカリングが混在しています。和船の櫓と似た動きですね。櫓は船の進行方向と垂直な方向に漕いで、平らな面で揚力を発生させ船を進めます。
プールでね、体を水面下に静かに伏せて浮かび、両手の肘から先を左右方向のみに動かして、前に進むことができます。これは完全に櫓の動きです。

スカル【scull】
左右両側の櫂(かい)で漕ぐ軽いボート。また、その競漕。一人(シングル)と二人(ダブル)とがある。軽漕艇。スカール。<季語:夏>
広辞苑第六版より引用

★こんな記事がありました↓

(ひと)木村忠啓さん 江戸時代の「競泳」を描き、朝日時代小説大賞を受けた(朝日新聞デジタル 2017年2月16日05時00分)
 ゆったり泳ぐイメージがある古式泳法だが、ふと手にした資料をもとに、相当速く泳げるはずだ、と構想を広げた。
 「競泳」に挑む武士。そんな意表を突く物語の受賞作を「慶応三年の水練侍」(「堀に吹く風」から改題)と題して昨年末、世に送り出した。
 ・・・(後略)

現在通っているプールには、私より高齢の男性で、みごとな「のし」で泳ぐ方がいらっしゃいます。
「相当速い」なんてもんじゃない。私のクロールのほうが若干速いかなという程度で、滑らかに高速で泳いでいらっしゃいます。足の蹴りが強力、手のかきが滑らか、いやすごい。水府流「のし(伸し)」でしょうか。
おそらく、足の蹴伸びで強力な渦を作っているのではないかな。この方の直後にくっついて泳ぐと、水流というか、水の塊りというか、渦の塊りというか、送りだされてくるんですね。それを捕まえて再度自分の後ろへ送ると、すごい省力泳ぎができる。スリップストリームみたいなものでもあるんですが、多分渦のキャッチだろうと思います。
上級者の真後ろに入って、その人が作る渦を捕まえて再度送りだすという省力泳法で25mとか50mとかついていくのも面白い。(但し、面識のある方でなくっちゃ駄目ですよ。失礼だと怒られますからね。)

★ペンギンの泳ぎは「水中飛行」ですよね。上下に羽搏いて推進力を生み出している。
水は粘っこいですから空を飛ぶ羽とは違う。板状になっています。
http://www.platinum-white.com/whatis/#list_kokaku71

フリッパー
ペンギンのフリッパーは、『上腕骨(じょうわんこつ)』より先が一枚の板状になり、各関節の可動域は極めて狭く ほとんど固定されています。ペンギンは、翼を完全な一枚のオールのように変化させ、水中を羽ばたいても折れない強靭なフリッパーを作り出したのです。その強力なフリッパーを支える上腕骨も、他の鳥類に比べて短く丈夫にできています。

昔、子らと水族館かな、遊びに行って、池の中を「飛び」回っているペンギンを見て、おおペンギンは鳥なんだ、と感動しましたっけ。

★クロールの「キック」ですが、よく子どもたちは膝を曲げて水面を叩くようなキックをする。そういう風に教えている方も多い。でもね、あれは間違い。
{選手が力任せに泳ぐときはまた別ですよ。}
両脚を滑らかにしなやかに、水を挟むように動かすのが正解。
たとえて言えば、両脚を鋏のようにして、両足で水をチョキン、チョキンと切るように動かすのがいいのです。
おそらくこれも、両脚の動きから渦を生成して後ろへ強く送り出す動作になっていると思います。
私は左脚が使えませんでしょ、右脚一本でキックというか、ビートをうつのですが、1本だから2本の半分の効果か、というとまるっきり違うんです。1本脚キックは、ほとんど推進力にはならない。手の動きとの連動で体や筋力のバランスを取っているという程度ですね。両足キックというのはそういうものです。

ノゲシ

0211_21nogesi 2017.2.11
塀の下の隙間のノゲシ、こんもりと、ガンバル。
灰色の塀の下に緑の塊りと黄色い花。
なかなかいいものですよ。鮮やかだ。

ウロコアシナガグモ

0211_19urokoasinagagumo 2017.2.11[B]
キョウチクトウの葉にいました。
かなりいい具合に写りました。このくらい写ってくれれば満足。

0212_9urokoasinagagumo 2.12
翌日もいました。これ以外のアングルがなくて。顔の部分だけはっきりしています。
日光の角度の関係で「あしながくもさん」になりました。
翌日からは移動したものと見えて、不在です。
これもどこかで頑張っているでしょう。と信じます。

ウスモンミドリカスミカメ

0211_18usumonmidorikasumikame1 2017.2.11[B]
前の記事のコギクとは別株。こちらの方が咲き続けている花がまだ多い。
で、何気なく顔を近づけたら、ウスモンミドリカスミカメの幼虫がいました。
0211_18usumonmidorikasumikame2
トリミング。不鮮明ですね。
露出に失敗した感じがします。

0212_8usumonmidorikasumikame 2.12
翌日もまだいました。

0214_10usumonmidorikasumikame 2.14
この日も隠れてました、ちょっと顔が出てました。
で、この後は見かけなくなりました。
きっとどこかに移動して越冬していると思います。
寒いと成長は遅くなるでしょうけれど、多分大丈夫。と信じます。

コギク

0211_17kogiku 2017.2.11[B]
ほぼ終わったと思った株に、残った花。
さすがにこれが最後かな。
枯れても香りがいいものですね。
菊枕というものはきっと香りがよいのに違いない。と感じました。

クロッカス

0211_16croccus 2017.2.11[B]
線路柵に腕を乗せて固定して、上からズームで。
腰が楽。

0214_9croccus 2.14
記憶が不鮮明ですが、ズームではなく、モニターを上向きにひねってそれを見ながら手を伸ばして接写したのだったと思います。ちょっと腰に負担だな。
だんだん慣れてきました。

ビワ

0211_13biwa 2017.2.11[B]
頭上のビワの花に気づいてB700で一枚。
ずいぶん精細に写っているようです。
練習撮りが続きます。

フキノトウ

0211_11hukinotou 2017.2.11
また、パラパラ漫画風に。

0217_4hukinotou 2.17
開いてきまして

0218_4hukinotou 2.18
開花。

0219_5hukinotou 2.19
ぐんと立ち上がってきました。
当分楽しめそう。
毎日変化しますね、植物の「運動」というのもすごいものです。

2017年2月21日 (火)

黄色い電車だ!

0211_20densha 2017.2.11[B]
庭から出て家の前の道路、なんかないかな、と散歩。
駅から電車が出てきまして、ふと見上げたら、黄色い電車。
わっ、とカメラを振って、何も考えずにシャッターを切りました。
後でパソコンで見たら、ちょっと露出不足にですが、写っていました。
なかなかのものですね、このカメラ。まだ連写機能とかは試してみていません。
連写機能も売りのようですから、試してみなくっちゃ。チョウが舞う姿を連写してみたいですね。
しかしまあ、午前中に初めて乗車できた黄色い電車に、帰宅後もう一回出会えるとは。
超ラッキー!!な一日でした。

ホソヒラタアブ

0211_10hosohirataabu1 2017.2.11[B]
チロリアンランプの葉にホソヒラタアブがとまっていました。
ほぼ目の高さでしたので、ファインダーを覗きながら接近。
0211_10hosohirataabu2
真横から。なかなかいい画像です。素人昆虫写真家としてはおおむね満足。
0211_10hosohirataabu3
翅の付け根付近をトリミング。
小翅片が映っています。役割は不明ですが、ハエやアブのかなりの種類で、この小さな翅の立ち上がりが見られます。何とか写ってくれてよかった。
目の高さの被写体だとファインダーで接近できますが、低い位置の被写体だとファインダーを覗きながら腰を曲げるのは辛い。ちょっと目が離れるとOFFになっちゃうし。
そういう場合はモニターで見ながらの撮影になります。これがまだ慣れない。
レンズの中心線とモニターの中央が同一直線状にないんだもん。とまどう。
被写体は遠くにあって、モニターは近くにある。これ、老眼爺さんには辛い。どういう風に慣れていくか、ま、これからボチボチ、ですね。

«クサボケ

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ